フジテレビとグリーがVR領域でタッグ、共同プロジェクト「F×G VR WORKS(仮)」を展開

次の記事

「Helix」は論文を書いているそばから関連文献を提示するプラグイン

左からグリー 取締役執行役員常務の青柳直樹氏、フジテレビ コンテンツ事業局長山口真氏

左からグリー 取締役執行役員常務の青柳直樹氏、フジテレビ コンテンツ事業局長山口真氏

今日5月10日は、グリーと一般社団法人VRコンソーシアムがVR(仮想現実)市場の拡大を目的にしたカンファレンス「Japan VR Summit」を東京・品川で開催中だ。これと合わせるかたちでグリーはフジテレビジョン(フジテレビ)とVR領域における業務提携を発表した。

両社は今後、共同プロジェクト「F×G VR WORKS(仮)」を展開する。プロジェクトでは、フジテレビが持つ企画・キャスティング力と映像コンテンツ制作力、グリーが持つVRコンテンツ開発力とWeb・アプリ開発力を結集することで、良質なVRコンテンツを製作提供する体制を構築するとしている。

提携の第1弾として、 良質なVRコンテンツの製作を希望するクライアント企業に対して、VRコンテンツ制作に関わる企画・キャスティング、撮影・編集、アプリ・機能開発、イベント運営、配信、プロモーションなど、全ての領域をワンストップで提供していくとしている。

両社はこれまでにもVRコンテンツの制作・研究を進めてきている。フジテレビでは2015年に総合エンターテインメントサービス「FOD(フジテレビオンデマンド)」内で、360度撮影したVR動画コンテンツを提供。また音楽番組「Love music」内でアーティストのライブパフォーマンスを360度VR動画で収録するなどしている。またグリーは2015年の東京ゲームショウでVRタイトル「サラと毒蛇の王冠」を出展。同年11月にはVRコンテンツに特化舌「GREE VR Studio」を立ち上げ。さらに2016年4月には北米VRスタートアップを中心に投資するファンド「GVR Fund」を組成してしている。

今回の提携について、フジテレビ コンテンツ事業局長の山口真氏は「スポーツや報道、音楽ライブといったジャンルでのコンテンツ制作とVRの親和性は高く、テレビ局のノウハウを最大限活用して、これらのジャンルを中心にユーザーに支持されるサービスを開発していく」とコメント。またグリー 取締役 執行役員常務の青柳直樹氏は、「日本を代表する映像コンテンツ技術、サービスの実績とノウハウを持つフジテレビとの提携により、良質なVRコンテンツを全方位的に制作できる体制を作り、市場全体の拡大に貢献していくことを目指す」とコメントしている。