User Experience
beta

Mozilla、FirefoxのTest Pilotプログラムを復活。サイドタブなどの新機能を実験

次の記事

1万人以上がFacebookのチャットボットを開発している、アナリティクス機能も製作中

Mozillaは、FirefoxのTest Pilotプログラムを復活させる。Test Pilotの背景にある考えは、ユーザー ― およびMozillaのエンジニアたち ― がブラウザーの実験的機能を、ブラウザーに組み込まれるずっと前にテストできるようにすることだ。

Test Pilotの最初のバージョンが公開されたのは、はるか昔の2009年だが、これはユーザーが同社のブラウザーをどう操作するかを研究することが主な目的で、新機能のテストではなかった。

数年前とは大きく異なる競合環境にいるMozillaは、同社が「ラフなコンセプト」と呼んでいるものをテストするために、Test Pilotを再スタートさせた。

Test Pilotを使って、Mozillaはプロトタイピングとユーザー調査を組み合わせることによって、そのコンセプトをすばやく評価しようとしている ― それがGoogle ChromeやMicrosoftのEdgeブラウザーとの競争力を高めることを、同社が期待していることは間違いない。

bd3d603ab46949ccb2f98c77f16d9be3_image_1462827230_0789

プログラムは3つの実験から成る。ウィンドウのトップではなくブラウザーのサイドに置かれたタブ閲覧履歴のタイムラインと最近ブックマークしたサイトが見られるアクティビティーストリーム、および、改良されたAwesome Bar(Firefox版のユニバーサル検索/URLバー)だ。

例えば、タブをサイドに置く方式は既にサードパーティー製プラグインが実現しているが、どのように使われているかのデータはMozillaに入ってこない。

チームは、Test Pilotの実験を増やす準備も既に進めている。

Mozillaは、Test Pilotのモルモットたちは、「意識的にFirefoxを使うことを選んだ」ユーザーであり、新しいものを試すことを恐れず、ユニークなコミュニティーの一員になりたがっていると考えている。

数百万人のユーザーを持つブラウザーデベロッパーにとって、実験的機能を試すことは ― 先行リリースチャンネルを使っても ― 困難である。このプロジェクトによってMozillaは、ユーザーを苦しめることなく新しいものを試すことが可能になり、ハードコアなファンは、新機能の開発に意見を言う機会を与えられることになる。

5218821d5851bef5ad979da5830f68b2_image_1462826805_0031

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook