Samsung gear VR
360 Photos

360 Photosはスマートフォンカメラでニュースフィードにパノラマをアップできる―Gear VRにも対応

次の記事

「起業家と伴走できる関係でありたい」グリーベンチャーズが70億円規模の新ファンド

パノラマ写真やビデオのファンも増えてきたが、Facebookでのユーザー体験にはデスクトップであれモバイルであれ、デバイスの中に閉じ込められているという限界があった。そのユーザー体験はニュースフィード上とOculusのアプリを利用したSamsung Gear上で大きく改善されることになる。

これを期にFacebookはGear VRの利用統計を初めて公表した。これによると月間ユーザーは100万の大台に到達した。またユーザーは1日当たり平均25分利用している。このプラットフォームを使おうとしているデベロッパーには心強い数字だ。

Facebook 360 Photos 2

iPhoneやGoogle Photospheresその他 360°パノラマ写真を多く見かけるようになっているが、Facebookの次回のアップデートでは360 Photos機能が追加され、ユーザーは2次元のパノラマ写真を簡単にアップロードできるようになる。Facebook ではデータを処理し、ニュースフィード中の360 Photosで表示できるようにする。通常表示の場合、ユーザーは画面長押しやマウスによるドラグなど視点を移動することができる。 Gear VRを装着している場合は周囲を見回せばよい。

360 PhotosはVRコンテンツを誰でも作れるものにする。通常のパノラマ写真から生成されるのでユーザーは特別のVRカメラを持っている必要がない。iOS 6以降のiPhone、v4.2以降のAndroidならどれでもよい。また360°写真用アプリは無数に存在し、ダウンロード可能だ。事実、多くの人々がこれまでもパノラマ写真を撮影していたが、それをFacebookで見られるようにするのが一苦労だった。

GoogleはAndroid向けにPhoto Sphereシステムを開発し、ユーザーが簡単に 360°パノラマを撮影し、段ボール製のGoogle Cardboardのような簡易なヘッドセットでVR体験ができるようにした。

Facebookでは昨年9月からニュースフィードに 360°パノラマを導入している。しかし360°パノラマを撮影するのはかなり難しく〔800ドルのBubblCamなどの〕高価なハードウェアを必要とした。今後はほとんどのスマートフォンで仮想現実が撮影できることになる。

Gear VRのユーザー、100万の大台

Samsungは6ヶ月前に全世界でGear VRをリリースした。この価格99ドルモバイル用ヘッドセットはFacebook傘下のOculusのVRテクノロジーを利用している。ユーザーは最新の
Galaxyスマートフォンをヘッドセットに装着するだけで仮想現実が楽しめる。今回FacebookはOculusのテクノロジーの利用状況の一端を明らかにした。

nomads_2560_v002

Facebookによれば、先月のGear VRのユーザーは100万人以上だったという。デベロッパーはMinecraftなどのゲームを含む250種類以上のアプリを開発し、多様なVR体験を提供している。

gear-image-7

VRはゲーマー専用のテクノロジーだという偏った考えを打破すべく、ユーザーの80%はGear VRのトップ10ビデオ・アプリのうちの7種類を使って毎日ビデオ・コンテンツを視聴するとFacebookは指摘している。

Gear VRには新しいビデオ番組もやって来る。Felix & Paul StudiosのNomadsシリーズはモンゴルとケニヤの遊牧生活をする人々を描写している。Discovery Channelはアラスカ沖でのカニ漁をテーマにしたヒット番組、『ベーリング海の一攫千金(Deadliest Catch)』のVR化を準備している。

Oculus自身もGear VRのOculus Homeをアップデートし、最新のコンテンツが探しやすくなるなど使い勝手が改善される。Oculus Mobileアプリには「最新のコンテンツ(What’s New)」セクションが設けられ、新しくアップされたコンテンツがハイライトされる。新しいVR体験を待っている人々には朗報だ。

The new Oculus Home design

新しいOculus Homeデザイン

Oculus RiftのようなハイエンドのVRは大きな話題になっているものの、VRをメインストリームにするのはGear VRのような手軽なモバイル・デバイスだ。しかしVRの人気を盛り上げるためには、優れたコンテンツが大量に必要だ。こちらにFacebookの2016年のトップ360°ビデオがリストされているが、ユーザーはVRコンツの数が少ないことに苛立っている。あるユーザーは「〔優れたコンテンツは〕もう全部見てしまったので最近はVRを使う時間が減っている」と私に語った。

Facebookのオープンソースの360サラウンドVRカメラなどはプロ志向のアイテムだったが、新しい360 photo機能はもっと一般向けだ。iOS、AndroidデバイスでFacebookを使っている数多くのユーザーがコンテンツをアップロードするようになればVRヘッドセットに手を伸ばす機会も増えることになるだろう。

Screen Shot 2016-05-11 at 1.02.04 PM

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+