Googleフォト、共有アルバムを強化してFacebook Momentsに対抗

次の記事

Google翻訳、アプリの切り替えなしに翻訳できる機能(Android)や、オフラインモード(iOS)を実装

今週、Facebook MomentsがEUとカナダでも提供されたことを受け、Googleは同社の写真共有サービス、Google Photosに新たな機能を追加した。Momentsとの競争力を高めると共にソーシャル性も高めるのが狙いだ。新たに、コメントおよび “suggested addtions”[追加の推奨]機能が追加される。後者は、ユーザーが友達から受け取った共有アルバムに、自分の写真を追加するのに便利だと、Googleは説明している。

これは、Google Photosがアルバムに写真を追加するようユーザーを促すときに、「スマートな推奨」をするしくみだ。日時や場所等の要素に基づき、追加すべき写真を推奨する(Momentsと異なり、顔認識は使用しない)。

これによって写真の追加が簡単になる ― 特に、イベントが終ったずっと後にアルバムを見ているときに。自分のアップロードした写真を遡って見たり、友達とシェアしたい写真を探したりする必要がなくなる。薦められた写真を選んで追加するだけでよい。

この機能によってGoogle Photosの共有アルバムは、Facebookのプライベート写真共有アプリ、Momentsに一歩近づいた。

どちらのアプリとも目的は、複数のユーザーが同じ時間と場所で撮った写真を、一つのアルバムにまとめやすくすることだ。Momentsは、写真の日付、時刻、場所、および多くの地域では顔認識を利用して、写真に誰が写っているかを識別する。そしてユーザーがアプリを開いた時に、友達とシェアする写真を自動的に推奨する。

一方、Google Photosでは、システムから誰に写真を送るべきかと聞かれるのを待つことなく、ユーザーは共有アルバムを作る。その後そのアルバムに写真を追加して欲しい人にリンクを送ることができる。共有アルバムをアクセスできるユーザーは、自分のライブラリーに写真を保存することもできる。

2番目の新機能は共有アルバムへのコメントだ。ユーザーは、写真、あるいはアルバム全体に対してコメントを付けられるようになり、アルバムがよりソーシャルになる。

コメント機能は、Android、iOS、およびウェブで今日から公開される。追加の推奨は昨日から公開されていたが、今日正式に発表された。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook