VR
smartphones
hardware

Eyesight、スマホの標準ハードウェアを使ったVR用ジェスチャーコントロールのデモを公開

次の記事

明日から始まるGoogle I/O 2016の発表テーマを予想する

ここ数年間、EyeSightはモバイル端末からスマートメガネまで、様々なプラットフォームにジェスチャー制御技術を提供して、その名を定着させてきた。今日の発表によると、同社はそのテクノロジーが最も威力を発揮するであろうプラットフォームに進出する:バーチャルリアリティーだ。

プロジェクトの詳細はあまり公開されていない。広報担当者に問い合わせたところ、テクノロジーの財産的価値を守るために、EyeSightは詳細を公開しないという回答だった。それでも、新たなVR機能はソフトウェアのみのソリューションであり、一般的スマートフォンカメラを利用し、Googleカードボード製品のような、スマートフォンベースのバーチャルリアリティーシステムに、モーションコントロールを提供する、ということがわかっている。

そのための追加ハードウェアは不要で、スマートフォンのCMOSセンサーを利用する。このイスラエルのスタートアップは、YouTubeビデオで簡単な機能説明をしている。

すべてはまだ全くの初期段階だが、EyeSightは「近い将来」SDKを公開する計画を明かした。私は、CEOのGideon Shmuelに、VRのモーションコントロール以外に、同社がどんなことを考えているのかを尋ねた。

「われわれは、ユーザーにとって自然で直感的な指の動きを使って、VRの操作をもっと身近にするためにシステムを設計した」とShmuelが私に言った。「ジェスチャーコントロールを組み込むことによって、VRでタッチフリーの操作が、ハードウェアの追加や変更なしに実現できる。現在3Dセンサーを使った没頭的タッチフリーコントロールの開発も進めている」

近いうちにもっと没頭的なデモを見られることを期待したい。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook