ride sharing app

Uber、家族の移動状況をリアルタイムで追跡できるTrip Trackerを公開

次の記事

フランス生まれのユニークな‘プログラミング大学’42(フォーティトゥー)がシリコンバレーにも開校

Uberは今日(米国時間5/17)、家族や大切な人たちが同サービスの利用している状況を跡できる新しいツールを発表した。”Trip Tracker” と呼ばれるこの機能は、Uberが3月に発表した、家族や友達の乗車料金を一括で支払えるプログラム、Family Profilesと連携している。

Family Profilesを使うと、ユーザーは他のUber利用者をグループに追加して、他のグループメンバーの料金を同じカードで支払うことができる。

しくみとしては、誰でもFamily Profileに追加することができる。ただし、その名前が示すようにこれは少人数の信頼できるグループの中で使うためのしくみだ。例えば、親が大学生の子供の乗車料金を払う、あるいは、経済的に恵まれていない親戚や、高齢のために自分で動けない人たちを運ぶためにも使える。

Trip Trackerがあれば、Family Profileを管理する人は、今行われている移動の状況を詳しく知ることができる。

この機能の提供開始に伴い、Family Profileのメンバーの誰かが乗車すると、いつでも自動的に通知が送られ、地図上で移動の様子を確認できるようになった。メンバーの出発時刻、通った経路、到着時刻も見ることができる、とUberは説明している。

FamilyTripTracker

この情報は、Uberの領収書メールには今でも記載されているが、Trip Trackerは、これを移動中リアルタイムに見ることを可能にし、メールや電話の手間を省くことができる。

料金はこれまで通りFamily Profile登録されたカードに自動的に請求される。

Family Profileは、当初アトランタ、ダラス、およびフェニックス等限られた地域で提供され、その後広く展開された。現在は、かなりよく使われている機能で、世界60ヵ国でFamily Profileが作られておりその半分以上は米国外だと、Uberは言っている。

米国、ブラジル、メキシコ、インドネシア、およびコロンビアが、Family Profileの多い国の上位で、ロサンゼルスは最もFamily Profileの多い都市だ。

またUberは、Family Profileの利用状況に関する初期のデータを公表した。

Family Profile利用の50%以上が、週末(金曜から日曜の間)に発生しており、通勤よりも社交的な外出に使われることが多いことを示している。

また、大きな子供の乗車料金を払うことは、利用場面の一つではあるが、最も多いわけではない。Family Profileの利用の大半は、配偶者と同じカードを共有する場合だ。しかし一部の市場ではそうではない。例えば、中南米ではこの機能か、18歳以上の子を持つ家族でよく使われていて、それは殆どの家庭でクレジットカードが1枚しかないためだ。

Trip Trackerは最新バージョンのUberアプリをダウンロードすれは、世界中の乗客が利用できるとUberは言っている。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook