Google、大幅に高速化したAndroid Studioをリリース

次の記事

Googleは機械学習アルゴリズム専用の高速チップを内製、なんと、8ビット機だ

Googleが、開発環境であるAndroid Studioの新版をアナウンスした。いろいろとアップデートが施されているが、とくにうれしいのは大幅なスピードアップがなされていることだろう。マウンテンビューで行われたデベロッパー・カンファレンスにてアナウンスされたものだ。

Googleのような企業にとって、開発環境を快適なものにしていくのは非常に大切なことだ。開発環境が整っていてこそ、Androidアプリケーションの開発者も増えるわけだ。優れたアプリケーションがAndroid版で先行してリリースされれば、アプリケーションストア同士の競争の中で優位に立つこともできる。そうなれば、iPhoneやiPadではなく、Androidを選ぶ人も増える可能性があるわけだ。ようするに、どちらの環境によりよいアプリケーションが存在するのかということが、とても大切なわけだ。

アップデートされた内容をみてみよう。

  • エミュレーターの速度が、Android Studio 2.1と比較して3倍になった。エミュレーターを使ってアプリケーションのチューニングを行なっていた人にとっては、速度面での不満が大きかった。そうした人にとって、まちがいなく朗報だ。
  • ビルド速度が高速化した。ビルドを行なっているときは、コードを書き加えたり、新機能を追加したりなどということはできないわけで、ほぼ無駄な時間となっていた。これが改善されたわけだ。
  • 「Test Recording」の機能が追加された。これは開発者がアプリケーションをチェックするのと同時に、自動的にテストレポートを生成してくれる機能だ。過去のバージョンで動作していたはずの部分がおかしくなったような場合、より迅速に原因を確認することができるようになる。
  • さまざまな機能追加を行った、新しいレイアウトデザイナーが搭載された。開発者が考える通りのエクスペリエンスを提供することが容易となる。
  • 当然ながら、Android Nをサポートしている。

新機能というよりも改善ポイントが多く、目新しさの面では物足りなく感じる人もいるかもしれない。しかしこうしたパフォーマンス改善などによってこそ、開発者たちがAndroid Studioを使い続けてくれることになるわけだ。ちなみに、現在Google Playに登録されているアプリケーションのうちの92%は、Android Studioで開発されているのだそうだ。

新しいAndroid Studioのベータ版は、本日から利用可能となっている。

原文へ

(翻訳:Maeda, H