linux tablet computers
purism

Purism、WiFiとカメラのハードウェアスイッチを搭載したセキュリティー・タブレットを開発

次の記事

消費者/労働者保護のオピニオンリーダーElizabeth Warrenが“いわゆるギグ・エコノミー”について語る

最初の本当にオープンなノートPCを作ったメーカーの一つである、Purismが、プロ用タブレットの世界に進出しようとしている。彼らの最新製品、Librem 11は、 GNU/Linuxのあらゆるバージョンが動作し(ultra-secure Qubesを推奨)、ノートPCとしても使えるタブレットだ。

この会社は、15インチおよび13インチのノートPCで話題になり、同じレベルのセキュリティーを1299ドルのタブレットでも提供する。少々高価だが、これは、WiFi、カメラ、GPS、および携帯データ通信のハードウェア切断スイッチを含むセキュリティー機能を内蔵するカスタムハードウェアであることを思いだしてほしい。

もちろん、このようなセキュリティー・タブレットは誰もが必要とするものではない。もっと安い端末を手に入れることはできるが、Purismによると、客はプライバシーとコントロールに金を払っているのだという。Indiegogoのページによると、このタブレットは「ユーザーを広告トラッカーやマルウェアや押し売りウィルス、さらには監視資本主義から守るために作られた」そして「アプリを利用したりインストールするために、個人情報は必要ない」。AndroidやiOS端末でそれをすることを考えてみて欲しい。librem11_6-640px_ahgrty

「Purismは、フリーでオープンソースのソフトウェア運動の哲学を、ハードウェア製造プロセスと結びつけるために作られた。Purisimは、あらゆるユーザーのセキュリティーとプライバシーと自由の権利を確実に守る最高品質のハードウェアを作ることに、全身全霊をかけている」とPurism CEO Todd Weaverは書いている。

つまるところ、Libremのようなものはニッチ製品である。ネットワークのハードウェア切断スイッチを欲しがるためには、ある種の偏執狂でなければならないが、今の高まる監視社会の中では、その種の偏執狂はいっそう正当化されやすい。カメラをテープで塞ぎ、Linuxをインストールするのは、悪くないスタートだが、監視のない未来のためにカスタムメイドされたハードウェアを持つことは望ましく、誰かがどこかでそれを作ろうとしているのはすばらしいことだ。

Librem 11は、クラウドファンディングで目標の15万ドルが集まれば、2016年10月に出荷される予定だ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook