Google、Projcet Soliのレーダーセンサーをスマートウォッチとスピーカーに搭載

次の記事

Google対Yahoo—インターネット戦争でどうしてここまで差がついたのかを振り返る

毎年I/Oカンファレンスでは、GoogleのATAP、即ち同社の少しおかしなアイデアを製品化する部門が、独自の短いキーノート講演を披露する。今年もいくつかのプロジェクトの最新情報を報告した。その一つであるProject Soliは、非常に小さなレーダーセンサーを作り、手の動きをデジタル信号に変えて、ウェアラブルに新しいユーザーインターフェースをもたらそうとするものだ。

昨年のI/Oデモ以来、チームはこのプロジェクトをデベロッパーの手に渡すことに集中してきた。昨年最初のデベロッパーキットを約60社に配布した。センサーを使ってみたデベロッパーの反応に勇気づけられているとチームは話した。既に物体認識ツール、楽器等が作られている。

ただし、初期のキットは限定された環境でのみ使用できる。必要な電力が大きすぎるため、センサーは小さくても、動作にはフルパワーのデスクトップまたはノートPCが必要だ。

soli interact

もちろんこれでは実用にならないので、チームはこれをスマートウォッチで動かすことに挑戦している。そのために、チップにInfineoinを使い消費電力を22分の1に減らした ― 1.2 Wから0.054 Wへ。大きさも3分の1になった。

レーダーは一般に大量のCPUパワーを必要とするが、この新バージョンは256倍効率が高く、それでも毎秒1万8000フレームで動作する。

こうした努力を経て、チームはSoliをスマートウォッチに組み込むことに成功した(「そして時も知らせる!」)

soli

これは、触れることなくウォッチを操作できることを意味している ― 基本的なジェスチャーを使って操作できる。デモでは、ATAPチームが手をウォッチに近づけたり離したりするだけで、驚くほど正確にメッセージをスクロールさせて見せた。バーチャル・ダイヤルジェスチャーで、文字盤を操作することもできる ― アナログ時計を使うのと同じように。

ATAPチームによると、これを使うと画面に表示できる情報が増えるという。なぜなら、指が文字盤を隠すことがないからだ。

しかし、Soliはスマートウォッチだけに作られたのではない、とチームは指摘する。HarmanのJBLブランドと協同で、Soliレーダー内蔵スピーカーのプロトタイプを作っている。センサーは最大15メートルまで検知できるので、スピーカーから離れていても操作が可能だ。

soli watch

デベロッパーコミュニティーををさらに拡大すべく、ATAPは新しいベータ品質のキットを来年提供する予定だ。

残念ながら、最初のProject Soli製品が登場する時期はわかっていない。しかし、ATAPはLevi’sと協同でProject Jacquardのスマート布地を市場に出そうとしており、Soliでも同じことをする可能性は高い。

soli betakit

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook