Facebook、トレンド記事の偏見疑惑を否定しつつ、手続きの改善を約束

次の記事

Facebookでは、毎月8億人のユーザーが自動翻訳を利用している

Facebookは今日(米国時間5/23)、トレンド記事機能に関する公式質問、具体的には担当チームが過去数週間にわたり、保守的意見を抑制したり、一部の記事を恣意的に浮上させたりしたとする疑惑に回答した。

公開されたプレスリリースおよび、ジョン・スーン上院議員(サウスダコタ州・共和党)に直接送られた書簡((PDF)で、Facebookは疑惑を否定しつつも、批判を鎮めるであろう内部手続きの変更をいくつか発表した。

当社で調査した結果、トレンド記事に掲載された記事の選択に、組織的な政治的偏見の証拠は見つからなかった。実際、アナリストの報告によると、トレンド記事に採用された保守的記事と自由主義的記事の比率は事実上等しかった。

同時に、この種の調査で予想されるように、われわれの調査は、当社のガイドラインやポリシーの実施に関して、個別の不適切な行動や意図的でない偏見があった可能性を排除できない。

具体的にFacebookは、記事がいつ、どのように「浮上」「ブラックリスト化」されたか、「改変」、修正を要求されたかを調べ、その結果比率は「リベラルと保守で事実上等しかった」。

問題の一端は、告発につながった匿名の元トレンド記事編集者の証言にあるように、監視の欠如であり、要するに管理体制の悪さにある

手続きの変更の一つは、「レビューチームの管理と監視の強化」― おそらく、監視チーム自身の監視の強化だろう。なぜなら見張りの見張りは、編集チームが明らかな非編集環境に閉じ込められているこの種の状況では極めて重要だからだ。

形式的手続きの追加に加え、トレンド記事の選択手順も刷新される:

  • レビュワーが頼っていた巨大なRSSフィードリストは廃止される ― ただし、代わりに何で使用するのかは不明。
  • レビュワーは、トップ10ニュース会社内での順位(このリスト自体が前項の通りもはや存在しない)だけに基づいて「重要度」を割り当てることができなくなる。
  • Facebookのトレンド記事の「ヘルプセンター」ページが改訂され、機能の説明を正確にした ― 何らかのAIかアルゴリズムが決めていると思っていた人は、誤解を捨てられる。

ハッシュタグや地域ニュースがトレンド記事へと浮上する正確な手続きに興味のある人は、スーン上院議員への書簡を読まれたい。そこには従来知られていなかった詳細が記されているが、その多くはもはや陳腐化している。具体的な偏見疑惑 ― 例えば、Glenn Beck(この件に関する彼とFacebookとの面談について興味深い見解を書いている)に関する記事が抑制された ― についても言及されている。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook