Apple

Apple、Siri SDKとEchoライクなホームアシスタントを準備中

次の記事

プリンスとデヴィット・ボウイからはじまった音楽ストリーミングサービス

Appleは、デベロッパーがSiriを大幅に使いやすくするSDKを準備中だ ― そして、その強化されたアシスタントはAmazonのEchoライクな固定ハブデバイスを駆動する。The Informationの報道は、われわれが過去数週間聞いてきた情報と一致する。6月のWWDCで、製品そのものでなくても、発表は見られるだろう。

Siriは、残念ながら順調に老いているとは言えない。4~5年前には魅力的だった機能も今や精彩を欠き、ライバルサービスはこの有名バーチャルアシスタントを様々な形で追い越している。もちろん、Siriの開発者たちは何年も前から改善に取り組んできた:つい数週間前にDisrupt NYで、Vivが発表された。

AppleのSiriエコシステム支配へのこだわりは、スムーズなスタートと失敗の少なさを保証したが、彼女の利便性を大きく損ってきた。Appleが契約を結んだサービスを誰もが使いたいわけではなく、もちろん、人気の新アプリが出てきてもSiriとつながる可能性は低い。

Siri SDKは全デベロッパーに公開され(本来のAppleらしさから、厳しい制約はあるに違いないが)、必要十分なバーチャルアシスタントを、便利で強力なものにする道を開くだろう。そして、AppleがHomeKitで家庭への参入を進める中、万能音声認識ハブの追加は、自然の成り行きだろう。

Appleがこの分野で狙うのはおそらくハイエンドで、Apple TVのような低価格で最小限の製品ではないだろう。新しいデバイスは、Echoより価格はかなり高く ― 私の予想は300ドル ― 、Appleユーザーにとって重要な要素 ― デザインとサービスの統合 ― が改善される可能性が高い。

スピーカーは品質をウリにすることが予想され、デザインは、スローなパン満載のビデオでJony Iveが紹介するに違いない。そして、いかにAppleが[モノのインターネットのパートナー覧のスライド]と密に協力してきたかを聞くことになる。もちろん、iTuneやメール、iCloudストレージ等ともシームレスに動作する。

AmazonとGoogleの本性についても、Appleは無駄口を挟むかもしれない。一つは、あなたに物を売りたがる会社、もう一つはあなたの動きをすべて知りたがる会社。そしてもちろん、Appleはあなたの家を居心地よくしたいだけだ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook