kraken
mt.gox

Mt. Goxの管財人が失われたbitcoinに対する請求の調査を終了…結果発表はもうすぐ

次の記事

地図上の地形的特徴でクェリすると各都市のマッチ結果(野球場、テニス場、etc.)を返してくれる画像検索エンジンTerrapattern

bitcoin取引所Mt. Gox(マウント・ゴックス)が破綻してから2年経つが、元ユーザーの一部はやっと、彼らのbitcoinを取り戻せるかもしれない。Mt. Goxの調査で東京の裁判所が指定した管財人が、失われたbitcoinに関するすべての請求を、ようやく調べ終えた。この調査では、Krakenが管財人に協力した。

Mt. Goxが2014年に閉鎖したとき、多くのユーザーがまだbitcoinをこのプラットホーム上に保有していた。Mt. Goxは回復不能のハックに遭ったか、または単純に、CEOがきわめて怠慢な人物だった。数百万ドル相当のbitcoinが、消えてしまった。

その後同社は破産を申請し、ユーザーが債権を主張するためのページを立ち上げた。債権請求の期日は2015年7月とされた。そして管財人は、24750件の請求の正当性を監査した。

請求の合計は2.4兆ドルに達したが、その中には$2.39兆ドルの請求が1件ある。全体としてMt. Goxは、91,185,435ドル相当のbitcoinを保有していた(現在価格451ドルで換算)。

Mt. GoxのWebサイトでユーザーはもうすぐ、自分の請求のすべてまたは一部が返ってくるか否かを、調べることができる。ただしその調査は、プライバシーとセキュリティ上の理由から、Mt. Goxのウォレットのアドレスを公表しない。

以上はとにかくすばらしいニュースだが、安心するのはまだ早い。Mt. Goxの元ユーザーが資産を取り戻したという報道があるまでは、まだやるべきことが残っているのだ。でも、日本の裁判所がギブアップしなかったのは、偉いね。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))