Atari
Sigfox
internet of things

Atari、スマートホーム機器でモノのインターネット市場に参入

次の記事

FBIが刺青追跡システムを開発中。プライバシー擁護団体が反発

正直なところ、Atariはかつてのようなエンターテイメント大手ではない。2013年に破産宣言して以来、ここ数年自らの改革を試み、モバイルゲームおよびカジノとの契約に力を入れている。そして一時のゲーム界の巨人は今、その伝説的な名前を〈つながった〉ホーム機器製品に活用しようとしている。

残念ながらそれは厳密には新しい端末ではないが、あの象徴的ブランドはフランスの無線通信会社Sigfoxが作った「幅広いAtari製品群」に与えられる。

主としてライセンス契約と見られるこの製品の詳細について、さほど語るべきことはないが、最初の製品は低価格のホーム、ペット、ライフスタイルおよび安全のためのデバイスで、Sigfoxの低エネルギー技術を使用している。

製品のターゲットは、大衆消費者市場および慈善団体だと同社は言っている。

via Engadget

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook