米陸軍、ノイズキャンセラー付き耳栓を配布

次の記事

Facebookはモバイルウェブからメッセージ機能を削除して、Messengerを押しつけようとしている

TCAPS ― Tactical Communication and Protective System[戦術的通信および保護システム] ― とは、現在米国陸軍が配布している、耳栓と補聴器を合わせたような機器で、爆発音による聴覚障害を減らすと共に、静かな音の認識を高める。

現在2000ドルと高価な値札についたこのシステムは、軍事での聴覚消失という、退役軍人に最も多いとされている身体障害問題を解決すべく作られた。問題の原因の一部は、兵士が命令や敵の音を聞き損うことを恐れて、従来型の耳栓を使いたがらないためだと考えられている。

スマートフォンに接続されたTCAPSは、爆発や銃声のような大きな音を遮断するそ同時に、ささやき声を拡大する機能も備えている。システムは、個人によって異なる耳の穴に合わせるために様々な形とサイズが用意されおり、電池はソーラー、一般のコンセント、あるいは自動車バッテリーでも充電できる。

これまでに、軍はこの装置を2万セット配布している。

via NPR

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook