Internet advertising
facebook instant articles

Google、AMPページに新しい広告タイプを導入。うっとうしいフライングカーペット広告も

次の記事

「顔と名前が一致しない」を解決、人材管理ツールのカオナビが3億円調達

AMPは、Facebookの高速読み込みシステム、Instant Pagesに対するGoogleの回答であり、Googleのモバイル検索結果ページで最初に使用されたが、現在は多くの製品に統合されている。AMPのリーチ数が増えるにつれ、パブリッシャーはそのページに様々なタイプの広告を出したくなるのは当然だ。現在は基本的な広告にしか対応していないが、今日同社が発表したところによると、近々AMPに3種類の広告タイプが加わる。スティッキー広告、フライングカーペット広告、およびコンテンツと同時にロードされるAMP Ads for AMP Pagesだ。

879969b8-1380-11e6-914c-7526e061c35dAMP adsはおそらくAMPページに載せる広告にとっていちばん理想に近い。なぜなら、AMPページ自身と同じ速さで読み込まれるように作られているからだ。この広告はAMP記事のロード時間を速めるために作られたAMP HTMLだけで書かれている。

スティッキー広告は、記事をスクロールしても画面の上端か下端に居続ける。AMPページ以外ではごく一般的で、比較的邪魔にならない。

残念なことに、近々AMPプロジェクトに、ここしばらくの間で最も迷惑な新しい広告タイプが登場すること。それはフライングカーペット広告。ページのスクロール動作を乗っ取り、代わりに大きな広告をスクロールさせる

バブリッシャーは、通常の画像やその他のコンテンツの表示にこの「フライングカーペット」効果を使うことができる(NY TimesのSnow Fallの効果にやや似ている)。

unnamed (1)

Googleによると、AMP内の広告はこれまでのところ非常に好意的に受け取られている。AMPを使用しているバブリッシャーの80%以上は、視認性が高まったと言い、90%以上はクリック率が上がり、その殆どが収益も上がったと言っている。

まだAMPがごく初期段階であることは言っていくべきだろう。例えば今週、SlateおよびThe Atlanticの両誌は、AMPがサイト訪問者に占める割合は約4%にすぎないと言った。一部のパブリッシャーは、GoogleがAMPを検索エンジンのランキング指標としてどう使っているのかわからない、と不満を訴えていた。

これまでAMPページで利用できる広告フォーマットが限られていたために、利用をためらうパブリッシャーもいたが、Googleはそれに対応しようとしている ― たとえそれが、われわれ読者にとってフライングカーペット広告と戦うことを意味しているとしても。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook