警告:恐怖のハサミロボットを搭載したドローンに散髪させてはいけない

次の記事

モバイル・アナリティクスのスタートアップ、Amplitudeが1500万ドル調達

お気楽ハッカー、Simone GiertzとSamy Kamkarのふたりがヒマな午後を共にすると何が生まれるか?ドローンと自動式ハサミで散髪するばかげた計画だ。

それがスタートから失敗する運命にある計画であることは、SimoneとSamyをたじろがせなかった。当然だ。ビデオを見ての通り、この計画はスタイリストの仕事を奪うのではなく、奇抜で新しい何かをやって楽もうというものだ。

ドローンの下降気流だけでも、まともなヘアカットはおそらく不可能であり、そしてもちろんそこには、ハサミロボットに耳を切られる深刻なリスクがある ― ほぼ間違いなくひとつの、しかし疑わしいメリットだ。

dronecutGiertzは、鋭利なものを自動化して恐怖を呼ぶことで知られているが、Kamkarのハックはしばしば(控え目に言って) 犯罪すれすれだ。例えば、番号錠を瞬時に開けるロボットや、他人のドローンを乗っ取るシステムを作ったのは彼だ。

YouTubeで、SimoneSamyをフォローすることを強くお薦めする。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook