アプリ
マイクロソフト

Microsoftの新アプリSprightlyを使ってスマホでプロ級デザイン

次の記事

Gawker Mediaがニューヨーク南部地区連邦地裁に破産申請

Microsoftが、Adobe Spark PostやスタートアップのCanvaに対抗してつくった新アプリSprightlyが、本日(米国時間6月7日)からiOS上でもリリースされた。競合他者のサービスのように、Sprightlyを使えばスモールビジネスであっても、チラシやクーポン、カタログや料金表、e-cardなどをすぐに作ることができ、ソーシャルメディア上での共有も簡単にできる。

Sprightlyは、Microsoft Garageと呼ばれる、Microsoft社内のインキュベーター兼R&Dチームのプロジェクトから生まれた。

今年の初めからこれまでに、SprightlyはAndroid上でのみ公開されていた。しかしMicrosoftは、iOS上でのリリースをうけ、今後アプリ内のテンプレート、色、スタイルの数を増やしていくと明言している。

アプリの使い方は極めてシンプル。スマホで写真を撮るか、既に保存されている画像をアップロードした後に、テンプレートカタログから好みのものを選択し、デザインをカスタマイズすれば完成。その後、完成したデザインをメールで送ることができるだけでなく、ソーシャルメディア上で共有したり、すぐに印刷可能なPDFに変換することもできる。

Sprightly-iOS_2

アプリのコンセプト自体は、Adobe SparkやCanvaに酷似しているものの、Sprightlyのコアとなるターゲットは他サービスに比べて少し絞られている。

Adobe SparkやCanvaは、様々な画像サイズが要求されるソーシャルメディア上で使える画像をすぐに作れることから、ソーシャルメディアマネージャーの間で人気となった。また、中小企業が、プロデザイナーの料金は払えないけどプロっぽいデザインが必要、という際にも使われている。

Sprightlyも、デザインを身近なものにすることを使命としているものの、顧客とソーシャルメディア上での交流がある、小さなお店を特にそのターゲットとしている。そのため、Sprightly上には、小規模小売店で特に必要になりそうな、料金表やカタログ、クーポンのテンプレートがあったり、商品のコラージュ画像を作れるようなツールが用意されているのだ。

さらにSprightlyは、簡単な画像作成という忙しい人たちの問題を解決するだけでなく、スマホやその他のモバイルデバイスを、(唯一とは言わずとも)メインで仕事に使う人々のためのツールにもなり得る。つまり、Sprightlyは発展途上国にもその照準を合わせているのだ。

その例として、Sprightlyのリリースに関する発表の中でマイクロソフトは、インドのハイデラバードでFanzartのフランチャイズを運営する、Sanjana Shah氏の推薦ビデオを公開している。(Fanzartはデザイナーシーリングファンの製造を行う企業)

「どの画像やカタログも本社から送られてきていて、新しいものが届くのに1ヶ月もかかっていました」とShah氏は言う。「でも、今はSprightlyがあるおかげで、私でも店頭に並んでいるシーリングファンの写真を撮って料金表やカタログを作り、お客さんに商品の情報を送ることができるので、とても助かっています」

Microsoft Garageは、ユーザーの反応を測定するため、Sprightlyのように様々な実験的アプリを公開している。しかし、新しいタイピングの方法を取り入れたWord Flow keyboardのように、革新的なアプリが発表されている一方で、既存アプリのコピーと思えるようなものもある。例えば、News ProはApple NewsやSmartNewsに似ているし、PlumbagoはMicrosoft自身のOneNoteと競合している。Sprighlyは、既存のデザイン関連サービスとコンセプトが似ていることから、後者のカテゴリーに入るアプリだと言える。

だからといってSprightlyは試す価値がないということではなく、どれが自分のニーズに一番合っているかを調べるため、競合アプリもあわせて試してみると良いかもしれない。

Sprightlyは、App StoreGoogle Playから無料でダウンロード可能。

 

原文へ

(翻訳:Atsushi Yukutake