Apple

iOS 10では、iPhoneとiPadでRAW写真を撮れるようになる

次の記事

GoogleがAIを使った企業ユーザーのためのアシスタントSpringboardを立ち上げ、Google Sitesはデザイン一新

iPhoneを持ち歩く写真愛好家にグッドニュース! iOS 10でRAW形式を使えるようになる。

(”RAW” っていったい何だ? という人へ。これは画像を元のままの形式で保存するファイルタイプのことで、圧縮や前処理などを施さない。利点:多くのデータを扱えるので、後処理で編集の自由度が大きくなる ― プロの写真家がRAWで撮る理由だ。欠点:ファイルは概してかなり巨大になる)

鋭い観察眼を持つ人たちは、昨日のキーノートのスライドが、わずかにRAW画像編集に触れていることに気付いたが、ステージでは言及されなかった。

しかし、今日の午後のWWDCワークショップでその機能は確認され、詳細の一部も公開された。

  • サードパーティーデベロッパーはRAW写真を撮影、保存することができるようになるが、そのためにはアプリへの機能追加が必要 ― iOS 10にアップデートすると直ちに全アプリで使えるようになるわけではない
  • 利用できるのは背面カメラのみ
  • 多くのデジタル一眼と同じく、iOSもRAWとJPEGを同時に処理できる
  • iPhone 6s、6s Plus、SE、および9.7インチiPadで動作するアプリで利用できる
  • RAW写真は、AdobeのDigital Native(DNG)ファイル形式で保存される

残念ながらApple自身のカメラアプリがRAW写真に対応するかどうかについては何も発表されなかった。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook