Samsungがクラウドコンピューティング企業Joyentを買収

次の記事

IBM Watsonを乗客インターフェイスに利用した電気ミニバス、Olliが運行開始へ

Samsung Electronicsは本日、クラウド・コンピューティング企業Joyentの買収に合意したと発表した。今回の買収はSamsungのスマホとインターネット接続端末向けのクラウドベースサービスの成長につながると韓国の大手テクノロジー企業は声明で伝えている(買収額は非公開)。

Joyentは、Samsungのモバイル・コミュニケーション部門に統合されるが、買収後もスタンドアローンの企業として運営を続ける。テクノロジーチームの主要メンバーであるCEOのScott Hammond、CTOのBryan Cantrill、プロダクトVPのBill FineはSumsungのクラウドプロジェクトに携わるという。

Samsungがここ数年で買収したアメリカのテクノロジー企業はこれで3社目だ。他の2社はスマートホーム用品のSmartThingsとMagnetic Secure Transmission(MST、セキュアな磁気通信)テクノロジーを開発したLoopPayだ。MST技術はSumsung Payにとって、Apple Payなどのモバイル決済サービスや既存のクレジットカードと対抗する助けとなる。

2004年に創業したJoyentは、ここ数年買収のターゲット企業となっていた。似たサービスのVirtustream、SoftLayer、Metacloudは到来したM&Aの波に乗って買収されていった。Joyentの主要プロダクトは、モバイルやウェブアプリのためのコンテナインフラ・プラットフォームTritonやクラウドベースのオブジェクト・ストレージサービスMantaなどだ。

ブログ投稿でHammondは以下のように伝える。

「買収の結果、JoyentのTritonとMantaのソリューションにおいてSamsungはアンカーテナントとなります。私たちのチームの成長、そして世界規模のデータセンターの取り組みを拡張する助けとなります。

この買収は、財政面とスケールする体力を得たというだけではありません。JoyentとSumsungはイノベーションと卓越した技術を求める共通の意識があり、私たちは共に、一連の補完的なクラウド、ビッグデータ、モバイル、IoTテクノロジーを提供することができるようになります」

CrunchBaseのデータによると、Joyentは累計1億3100万ドルを調達していて、出資元はIntel Capital、Greycroft Partners、Peter Thiel、Telefonica Venturesらだ。

[原文へ]

(翻訳:Nozomi Okuma /Website