教育
Dartmouth
women in tech
women in technology

工学部の卒業生は男性より女性が多かったアメリカの初めての大学Dartmouth、そのユニークな学風

次の記事

DockerがコンテナのオーケストレーションをDocker Engineに統合、単独サービスを不要に

Dartmouth(ダートマス大学)はこのほど、工学部の卒業生が男性より女性の方が多い、という初めてのアメリカの研究大学になった。

American Society for Engineering Education(AASE)(全米工学教育協会)によると、近年では工学部に進学する女性が年々増えている。そしてDartmouthのエンジニアリングスクールでは2015年にクラスの37%が女性だったが、今年は54%と急増した。これは、全国平均を34%上回っている。

Dartmouthの学風が学生たちを技術や応用科学に誘うのだが、しかし工学部学部長のJoseph Helbleによると、この劇的な増加の原因は、工学部の低学年で学生たちに(工学に偏重しない)多様な学科を提供しているからだけでなく、学内で“さまざまな多様なロールモデルの人びとを育てている”ことにある。人材が多様なため、女性の学生は工学部でも優秀なメンターに出会うことができ、工学方面のキャリアに積極的に進む気持ちになれるのだ、という。

Helbleはこう語る: “当学を志望する学生は年々増えている。とくに女性が増えている。それは学生たちに、工学を利用して現実世界の問題を解決するよう、仕向けているからだ。彼女らは、自分たちの創造力や工学の技能で世界が実際に変わることを、短期間で理解し習得する”。

Dartmouthの工学部の女性の学生には、多くのユニークなプロジェクトが課せられる。たとえば、医療機器の改良、スマートフォンの技術、フットボールの試合で脳震盪になる機会を減らす新しい方法、など。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))