ハッセルブラッド、初の中判ミラーレスカメラ「X1D」を発表

次の記事

Microsoft、企業データを保護するAzure Information Protectionサービスを発表

カメラはどれもハンドメイドのスウェーデンでも、X1Dは特別なハードウェアの一品だ。どうやらそれは、ミラーレスの中判カメラらしい ― そして初めての。

このカメラを出すにあたり、Hassebladはサイズと光学品質に焦点を絞った。X1Dは50MPのCMOSセンサーを塔載し、ISO範囲100~25600で14段階のダイナミックレンジを持つ。フルHD撮影が可能で、SDカードスロット2基、GPS、およびWiFiを内蔵している。表示は3インチ920Kピクセルのタッチディスプレイ、または2.36MP XGAの電子ビューファインダー。

  1. x1d.jpg

  2. x1d-2.jpg

  3. x1d-3.jpg

  4. x1d-4.jpg

  5. x1d-5.jpg

わずか3200 mAhのバッテリーを載せたX1Dの重量は725グラムで、中判カメラとしては軽量だ。

外部との接続は、USB-C、mini-HDMI、およびオーディオin/out。Hassebladは、X1Dに防塵防滴処理を施しているので、アドベンチャーにも連れていける。

レンズに関して、Hasselbladはセントラルシャッターの新しいXCDレンズ群を開発した。発売時には45 mmと90 mmの2本が用意される。X1Dは、Pro Hシステムのレンズ12本とも互換性があるが、当然アダプターが必要だ。

希望小売価格は8995ドルで、中判カメラ、それも北欧の光学会社の製品としてはほぼ適正と言えるだろう。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook