Roostの新製品は水道の漏水や凍結を検出してスマホのアプリに警報を送り家計の節約を助ける

次の記事

SlackのAPIがアップデート、メッセージボタンでのタスク実行が可能に

Roostが、インターネットに接続する電池から火災報知機に飛躍したときは、Nestと正面衝突か、と思われたが、でも同社の今度の新製品は、一風変わっている。そのSmart Water & Freeze Detectorは、火災報知機やサーモスタットほど気になる存在ではないかもしれないが、いずれにしても、家の所有者にとってはとても便利な装置だ。

同社のCMO David Henryは、次のように語る: “家な中でのプレゼンスをもっと広げて、家の中の安心を提供するRoostというイメージを確立したかった。Smart Waterは漏水検出装置で、湿度と温度のセンサーを使っているし、これまでのうちの製品である9ボルト電池による火災報知機機能も組み合わさっている。これで、家の中の重要な情報はすべて検知できる、と言えるだろう”。

同社のスマートホームプラットホームのベースは、あくまでも最初の製品、電池を兼ねた火災報知機だ。そして49ドルの今回の新製品はそれに付加される装置で、水漏れと凍結と温度や湿度の変化を感知して警報する。いずれも、知らなければ大きな被害に結びつくかもしれないし、電気代や水道料金の高騰を招くだろう。

Roost

この報知器はWiFiでユーザーのスマホ上のアプリに警報を送る。アプリは、火災報知機用のものと同じだ。Roostは、セットアップは簡単で、電池寿命は3年、と言っている。いったん設置したら、しばらくは、そのことを忘れていられるだろう。発売は、今年の秋の予定だ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))