Fujifilm
hardware

フジフィルム、新しいスマートフォン用プリンター、SP-2を発表

次の記事

3Dプリント人工装具の未来

ずいぶんと時間がかかったが、Fujifilmがようやくスマートフォンプリンター、Instax Share SP-1の後継機を出した。CESでデビューしてから2年半、新機種Instax Share SP-2では、好評だった前機種にいくつか重要な改善が加えられている。

大きく変わったのがスピードで、クレジットカードサイズ写真のWiFiプリント時間は、16秒から10秒へと短縮された。写真の解像度も最大320dpiへと改善されコントラストも高くなった。

カスタムフィルターを使えば、コントラスト、明るさ、彩度等を調整できるほか、コラージュテンプレートで複数の画像を組み合わせることも可能。

本体のデザインも、「洗練された外観」へと改訂され、ゴールドとシルバーの2色が提供される。SP-2の内蔵バッテリーはmicroUSB経由で充電できる。

発売は7月からで、価格は199ドル。専用フィルムは2パックセットが20ドルから。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook