Apple
健康

Apple、iOS 10に臓器提供を組み込む

次の記事

救命活動から環境汚染のモニタリングまで、ドローンが支える中国経済

それはiOS 10の最先端新機能ではないかもしれないが、重要であることは間違いはい。Appleは今日(米国時間7/5)、Donate Life Americaと協力して、同社のモバイルオペレーティングシステムに臓器提供を組み込むことを発表した

今秋iOS 10が公開されると、ユーザーは、「わずか数回のタップで」臓器、目、および細胞組織の提供者になれる。標準装備のHealthアプリを通じて登録したユーザーは、Natio Danate Life Registry(全米臓器提供ライブラリー)に追加される。またアプリは、興味を持った人々を追加情報のサイトに誘導する。

「アップデートされたHealthアプリを使って、われわれは臓器提供に関する教育と認知向上の場を提供する。登録はこれまで以上に簡単だ」と、AppleのCOO、Jeff Williamsがリリース文で言った。「わずか数秒で終わる簡単な手続きによって、最大8人の命を救える可能性がある」。

同社によると、現在12万人のアメリカ人が命を救うための移植を待っており、10分毎に新しい人が追加されている。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook