おサイフ腕時計、Swatch Belamyがオリンピックに合わせてリオでデビュー

次の記事

次のiPhoneは、内蔵ストレージが32GBからになるかもしれない

夏のリオ・オリンピック開催に向けてのハードルは山ほど残っているが、買い物の支払いに関してそれは当たらない。Visaは3つ目の支払いウェアラブルを、オリンピックに合わせて発表し、先日発表した指輪や、ブラジルの銀行、Bradescoと共同ブランドのバンドに続いた。

Swatch Bellamyは、Visaがスイスの時計メーカーと提携した製品で、今月リオに登場する。昨年末に発表されたこのデバイスは、通常のアナログ腕時計にNFCが内蔵されていて、非接触支払いが可能でインターネット接続は必要ない。

Bellamyのオリンピックでのデビューは、中国およびSwatch地元のスイスでの販売に続くものだ。ブラジルでの価格や米国での正式な発売日は決まっていない。この時計はSwatchストアで買うことができる。ユーザーはオリンピック会場に広がる4000箇所のVisaブランド支払い場所で、このウェアラブルにチャージできる。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook