これはiPhone 7なのか?

次の記事

ホテルや旅館に最適なプライシングを提案「MagicPrice」の空が数千万円を調達

iPhoneはどんなものになるのだろうか? 誰も確実には知らないが、様々なリーク情報がいつものように出始めている ― iPhone 7は驚くほどiPhone 6sに似たものになりそうだ。今日、Nowhere Elseが報じたリークによると、その本体はiPhone 6sからごくわずかしか変更されていない。では、何が新しいかを見てみよう。

この写真によると、iPhone 7はエッジのとれた小石のようなデザインで今と変わらない。裏面はやはりアルミニウム製だ。そして、これを持っている人の指がAppleロゴの向こうに透けて見えていることから、輝くAppleプレートがなくなっていることがわかる。しかし、大きな違いが2つある。

かつてiPhoneの裏側を走っていた醜いアンテナ線を覚えているだろうか。線がない方が間違いなく美しい。

第2に、カメラが違う。iPhone 6sの小さな出っぱりの代わりに、この写真では大きなレンズが突き出している。これはiPhone 7でカメラが大きく変わることを意味しているのだろうか? おそらく。大口径レンズは低光度での性能が上がることを意味する。

しかし噂によるとAppleは、最も重要なカメラの革新をiPhone 7 Plusのためにとっておくらしい。大きい方のモデルにはデュアルレンズ・カメラシステムが塔載されるはずだ。

デュアルカメラシステムをiPhone 7 Plusに譲ることは、iPhone 6sと6s Plusで同じカメラモジュールを使う現在のAppleの戦略から離れることを意味している。あるいは、サプライチェーンの制約から、新しいモジュールを一部のモデルでしか使えない可能性もある。

デュアルレンズカメラは、iPhoneユーザーに低光量でよい写真を撮れるチャンスを与える ― HDRの性能や色忠実度も改善される可能性がある。あるいは、2種類のアングルで光学ズームを使えるようになるかもしれない。

そして、写真には写っていないが、このiPhone 7ボディーにはヘッドホンジャックがついていない、とNowhere Elseは書いている。Appleがなぜヘッドホンジャックを廃止するかは未だ明らかではない。ワイヤレスヘッドホンを〈まし〉にする方法を見つけたのかもしれない。Appleは新機能のために余分な場所が必要になったのかもしれない。

Nowhere Elseは、ここ数年iPhoneのリークに関して信頼が高い。しかし、いつものように、噂は眉に唾をつけて聞く必要がある。AppleはiPhone 7を9月のプレス会見で披露すると予想されている。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook