日本

インターン・マッチング「InfrA」運営のトレイムが4000万円の追加資金調達

次の記事

タクシーで「コンプレックス商材NG」な動画広告、日本交通とフリークアウトが新会社設立で

学生起業家によるスタートアップのトレイムが今日、エンジェル投資家と複数VCからの第三者割当増資により4000万円の追加資金調達を行ったことを発表した。トレイムは学生向けメディア「co-media」を運営する一方で、2015年10月からはインターンシップの募集・応募を行うプラットホーム「InfrA」(インフラ)を運営している。2015年6月にはコロプラネクストからシード資金を得ていて、今回の調達ラウンドでも、コロプラネクストが追加出資した1社に含まれている。今回の調達ラウンドにエンジェル投資家として参加している伊藤将雄氏は、「みんなの就職活動日記」を立ち上げ、日本最大級クチコミ就職サイトに育てた経験を持つ。

InfrAは学生向けインターンシップの掲載媒体だ。これまでにリクルートホールディングス、弁護士ドットコムをはじめ、スタートアップ企業のC Channel、ユーザーベース(NewsPicks)、Rettyなどのインターン募集実績がある。サービス開始から9カ月で月間応募者数は1000件を超えたという。訪問者ベースでの月間成長率は280%。

今回新たに得た資金でオフィスの移転、人材確保、企業と学生が交流できるオフラインでの取り組みの実施に取り組んでいくそうだ。InfrAのビジネスモデルは成果報酬型。実際にインターンシップが決まれば企業はInfrAに対して1人目が7万5000円、2人目以降が5万円を支払う(トレイムの提携VCから出資を受けているスタートアップ企業に向けては半額以下の割引もある)。

実は最近TechCrunch JapanでもInfrAを使ったインターン募集を行った。まだ機能的にはシンプルなものの、応募が何件あって誰に返信したのか、不採用通知を送ったのかといったことが複数の担当者アカウントを使って一元管理できるのは、なかなか便利。不採用通知ボタンをクリックすると、ちゃんとテンプレメッセージとともにフォームが現れて不採用理由を書くよう促される。ちなみに、InfrAのような新しいプラットホームを使っている学生たちは情報感度が高いということがあるのだと思うが、応募の質も平均して高かった。

infra

新卒・中途ともまた違ったインターンという採用マッチング市場が、どこまで伸びるのかは未知数だ。トレイム創業者の高橋慶治CEOは「多くの学生に早期からキャリアについて考えるきっかけや実務経験を提供できるよう、既存のインターンシップの枠組みに捕らわれない就業体験のプラットフォームを作っていきます」と話している。