Autopilot
autonomous vehicles
self-driving cars

ペンシルベニアの事故当時、Tesla Model Xのオートパイロットはオフだった

次の記事

Microsoftがプロ養成講座を提供、データ・サイエンティストのスキルギャップを埋める

7月1日にペンシルベニアで事故を起こしたTesla Model Xは、当時オートパイロットが無効化されていた、とElon MuskがTwitterで発表した。この情報は当該車自身のログに基づくものだ。

[車載ログによるとペンシルベニアの事故当時オートパイロットはオフだった。もしオンになっていれば事故は起こらなかったかもしれない。]

Teslaはここ数週間、同社のオートパイロットによる半自動運転機能は、公道で試験するにはまだ早いと批判されている。Consumer Reportsも今日(米国時間7/14)、安全が確認されるまで機能を無効化するよう要請した

衝突時にオートパイロットが使われていなかったというニュースは、批判の一部を鎮めることはあっても決して全部ではない。事故の全容は未だ明らかにされておらず、またオートパイロットは原因ではないようだが、関与した可能性はある。詳しい調査結果が出るまで、判断は控えた方がよさそうだ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook