Netflixがお気に入り作品を共有するためのプレイリストサービスFlixtapeを立ちあげ、昔のミックステープのよう

次の記事

Pokémon Goのユーザー継続(再帰)率と一人あたり平均売上は業界平均の倍

ウィークエンドに間に合わせるためにNetflixは今日(米国時間7/5(金))、Flixtapeという新しいサービスを発表した。同社の説明ではこれは、好きなNetflixタイトルの短いプレイリストを作るもので、“いわばNetflix用のmixtapeだ”、という。ジャンルやテーマに基づいてリストを作り、それをテキストメッセージやメール、FacebookやTwitterなどのソーシャルネットワークなどで、友だちや家族と共有できる。

Flixtapeのようなサービスは、いろんな目的に使える。好きなムービーや番組を単純にメモっておくのもよいし、もっと凝ったリコメンデーションを作って友だちに贈るのもよい。

ただし、ひとつのFlixtapeには最大で6つのタイトルしかリストアップできない。最初に3つの推薦タイトルが載っているが、それらは別のに変えられる。昔のmixtapeにはもっとたくさんの曲を並べられたが、長期間キープしておきたいお気に入りリストに6つしか載せられないのは寂しい。

しかしそれでも、Flixtapeは楽しくないことはない。Netflix自身のリコメンデーションシステムはユーザーのソーシャルから上手に情報を取ってこないから、その欠陥を埋め合わせる意味もある。Netflixは、今のトレンドや人気作品は教えてくれるが、これまでは、口コミ的で個人的な共有の方法がなかった。Flixtapeはその欠陥を補う。

Screen Shot 2016-07-15 at 2.33.38 PM

昔のmixtapeのように、Flixtapeはパーソナルでカスタマイズ可能、とNetflixは言っている。その表紙もカスタマイズできて、いろんなメッセージや友だちの名前などを書ける。そんな要素の配置は、ドラッグ&ドロップでできる。

  1. screen-shot-2016-07-15-at-2-34-55-pm.png

  2. screen-shot-2016-07-15-at-2-46-20-pm.png

  3. screen-shot-2016-07-15-at-2-33-23-pm.png

  4. screen-shot-2016-07-15-at-2-33-38-pm.png

しかもNetflixは、FlixtapeのWebサイトで見本のリストをいろいろ提供している。「家族会のためのFlixtap」、「親友でない友だちのためのFlixtape」、などなど。ボタンを押すと、ヒントまでくれる。

Flixtapeをもらった人がNetflixの会員なら、もちろんクリック一発でそれらの作品を鑑賞できる。いっそのこと、Flixtapeは今のような別サービスでなく、Netflixアプリの機能になった方が便利かもしれない。

でもNetflixは前にも、プロモーションのためのスタンドアロンのサイトを立ちあげたことがある。たとえば今年の5月には、スピードテストのためのWebサイトFast.comを作った。それはどちらかというと、性能のお粗末なISPを反省させるためだったが、今回のFlixtapeはもっとソーシャルな取り組みだ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))