日本
App Ape
fuller
Noah Pass

アプリ分析サービス「App Ape」運営のFULLER、4.2億円の資金調達でアジアに進出

次の記事

ビッグデータ、そして没落するデータの利用者

Fuller共同代表の渋谷修太氏(左)と櫻井裕基氏(右)

Fuller共同代表の渋谷修太氏(左)と櫻井裕基氏(右)

アプリデータ分析サービス「App Ape」を展開するFULLERは7月19日、いばらき新産業創出ファンド、地方創生新潟1号ファンド、セガゲームス、VOYAGE VENTURES、Global Catalyst Partners Japan(既存株主)、朝日新聞社(こちらも既存株主)を引受先とする総額約4億2000万円の資金調達を実施したことを明らかにした。

FULLERは、2011年11月の設立。高専から筑波大学に進学した代表取締役の渋谷修太氏らが茨城県つくば市で立ち上げたスタートアップ(現在は千葉県柏市にあるコワーキングスペース「KOIL」に拠点を置いている)。2012年9月にリリースしたバッテリー・メモリ管理アプリ「ぼく、スマホ」をリリース。同アプリは現在100万ダウンロードを達成。このほかにもスマホの端末管理アプリを国内・アジアで展開している。

またこれと並行してアプリ分析サービスのApp Apeを提供。こちらのサービスは現在2000社以上(無料版含む)が利用しており、「昨年度は年商で億越え。2年前から比較すると5倍。成長はすごいので、早期に2ケタ億円を目指したい」(渋谷氏)という状況だという。もともとAndroid向け限定の分析サービスだったが、現在は一部iOS向けの分析機能も提供を開始している。

fuller2

Fullerが今回の資金調達で目指すのは(1)海外展開、(2)事業提携、(3)地方創生の3点だ。

(1)については、すでに5月より韓国でApp Apeの展開を進めているが、これと新規事業をアジア圏に広く展開していく予定だ。また(2)関しては今回Fullerに出資したセガゲームス、VOYAGE VENTUREの親会社であるVOYAGE GROUPなどと提携した事業を展開していく予定だという。詳細は明らかにされなかったが、例えばセガゲームスはゲームアプリ向けのマーケティング支援ツール「Noah Pass」などを展開しているので、このあたりでの連携を進めるのではないだろうか。

(3)では、渋谷氏の出身地である新潟県に拠点を設立することなどを検討しているという。渋谷氏によると、「地方に残って働きたい」という高専卒エンジニアは多く。彼らとの接点作りを目指しているという。確か代表が高専出身のjig.jpなども、福井県で同じような取り組みを行っている。

なおFullerでは今回の資金調達の発表に先駆け、6月に渋谷氏と創業メンバーである櫻井裕基氏の共同代表制に移行している。今後は渋谷氏が海外進出と新規事業を担当。櫻井氏が既存事業を担当する。