ゲノミクス
遺伝病
不妊治療

不妊診断に取り組むPhosphorusが1000万ドルの資金を獲得

次の記事

Dropboxが企業ユーザーにアドミンツールAdminXを提供、ファイルだけでなくいずれデバイスの管理も

DNAの塩基配列決定の効率が向上してより安価になるにつれ、多くの企業がその領域に誕生している。そのうちでも、最近設立されたPhosphorusがFirstMarkの主導でシリーズAで1000万ドルの資金を調達した。

Phosphorusは実はゲノミクスを専門とする企業であるRecombineからのスピンアウトだ。Recombineは昨年、CooperSurgicalに8500万ドルで買収された。

Alexander Bisognano率いるRecombineは医療診断を提供する会社だ。子供を作ろうとしているカップルの遺伝子配列を調べ、それらが生まれてくる子供にどのような影響を与えるかを診断する。これらには先天的疾患や病気に関連した劣性遺伝子の情報などが含まれる。

先の売却に関しては、Recombineは医療テストそのものを、その販路を拡大する目的でCooperSurgicalに売却したが、ソフトウェアのプラットフォームとデータマップは手元に残した。

現在BisognanoはRecombineで得られたデータマップを次のベンチャーであるPhosphorusで利用しようと目論んでいる。

Phosphorusが取り組むのは様々な局面での生殖に関する問題で、子供を作りたいカップルに関して不妊の原因として考えられるあらゆる可能性に関してのテストを行う。このテストによりカップルは不妊に結びつく行動を慎んだり、または安心して子作りに取り組んで大丈夫というゴーサインをもらったりする。
同社には、これまでPhosphorusやRecombineで行った検査結果の蓄積がある。これらのゲノムデータは顧客が匿名を条件にグループ内でのデータ共有を許可したものだ。Phosphorusはこれらのリソースにアクセス出来るおかげで、他のテストでは見逃す可能性のあることまで検出可能だ。

FertilityMapWithDesign多くの医師や臨床研究者が直面していることなのだが、難しいのは、何かを新規に発見してもそれが本当なのかを確かめるのに必要な十分なサイズのデータセットにアクセスできない、もしくは巨大なデータセットがあっても必要な情報をそこから取り出してくることが出来ない、という点だ。

PhosphorusのFertilityMapを使えば、医師と研究者はPhosphorusの製品を利用して研究を進めることができる。その一方で、不妊治療クリニックやその患者が利用できるのは、得られたデータや、データを解釈し、さらには遺伝子と健康の直接の関連を理解するためのリソースだ。

以下、Phosphorusのウェブサイトからの引用:

これまでの不妊検査ではせいぜい1、2か所の遺伝的要因をチェックするだけでしたが、FertilityMapではもっと大規模な多変数的アプローチを採用しています。検査を行う際は、本人の履歴、これまでの妊娠の有無、家族の病歴などを考慮して、何百もの臨床的変数と何千もの遺伝的変数を解析します。FertilityMapは、予測的アルゴリズムの開発を通じて不妊原因および予後の診断とその治療に関する有用な情報を引き出すもので、妊娠を望む、より多くの家族の手助けになればと考えております。

もっと詳しく知りたい人はPhosphorusのウェブサイトへ。

[原文へ]

(翻訳:Tsubouchi)