Androidのユーザーアカウントに不審なデバイスからのアクセスがあったらリアルタイムで通知が来る

次の記事

髭剃り定期購買「Dollar Shave Club」のCEO、Michael DubinがUnilever による買収を語る

Googleが今日(米国時間8/1)、Androidユーザーのための新しいセキュリティ機能を発表した。それは、そのユーザーのGoogleのアカウントに新しいデバイスが加わったら、今使っているAndroidデバイスに通知が来るのだ。その通知は、“Did you just sign in?”(今サインインされましたか?)、と尋ねる。そしてそれが不審な行為であれば、ユーザーはただちに対応できる。

まず、通知の画面にある“Review Account Activity”(アカウントの活動を調べる)をタップすると、最近そのアカウントで使われたデバイスの一覧が出る。そこには、使われたデバイスの種類、日時、位置、IPアドレス、そしてサインインに使われたブラウザーも表示される。

そして、そのアクセスが確かに自分のものなら、[YES, THAT WAS ME](はい、それは私でした)をタップし、誰かがパスワードを盗んでアクセスしたのなら、[NO, SECURE ACCOUNT](違います、アカウントを守ってください)をタップする。

image02

デバイスの通知は、昨年からメールで行われている。しかしGoogleによれば、今回のようにデバイス本体のプッシュ通知を使った方が、ユーザーのアクションに結びつきやすい。実際に、メールのときよりも4倍多くのユーザーが情報を見ているそうだ。しかも通知はリアルタイムで送られるから、ユーザーは自分のアカウントを悪用される前にただちに対応できる。

Googleは今日、そのほかのセキュリティ機能として、二段階認証とシングルサインオンを導入した。でも、デバイスの通知は、これまでなかった機能だ。Appleには何年も前からこれと同じようなデバイス通知機能があり、不審なサインインや、最近かなり長くサインインしてない場合は、メールまたはプッシュ通知で知らせる。

この機能の全Androidユーザーへの展開には、二週間かかるそうだ。

〔訳注: まだ日本語化されていないので、訳文中の日本語メッセージは正規のものではありません。〕

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))