galvani
GlaxoSmithKline
verily

GlaxoSmithKlineとGoogleのライフサイエンス部門がバイオエレクトロニクス医療の研究企業を合弁で立ち上げ

次の記事

Supershipの「Sunnychat」は5秒動画を軸にしたコミュニケーションアプリ

大手製薬企業のGlaxoSmithKlineは二週間前に、AppleのReasearchKitを使って関節炎の研究を行うと報道されたが、今日は、Alphabet傘下の元Google Life Sciences、現Verilyとの合弁企業Galvani Bioelectronicsを創る、と発表した

出資比率、GSK 55%、Verily 45%のこの会社は、バイオエレクトロニクス(bioelectronics, 生体電子工学)医療を研究する。それは小さなデバイスをインプラントして、電気信号により神経のインパルスを変える、という療法だ。この医療はとくに、関節炎や糖尿病、喘息などに有効、と考えられている。新企業は最初、2型糖尿病のような疾患を研究対象とする。

Galvaniの業務の多くはイギリスにあるGSKのR&Dセンターで行われ、副次的研究センターとしてAlphabet母艦の近く、Verilyのサウスサンフランシスコオフィスが使われる。今後、反トラスト関連の承認が必要だが、両社は年内に合弁は成立すると信じている。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))