プライム会員
貨物輸送
航空機

Amazonが配送時間短縮のため、自社専用の貨物航空機「Amazon One」をローンチ

次の記事

Googleがオリンピックを祝ってフルーツゲームのドゥードゥルを提供(競技種目は日替わり)

ドローンでの配送や自動運転トラックによる輸送をAmazon.comが実現するまでにはまだ時間がかかるだろう。

しかしEコマースの大手企業は、自社のブランド名を掲げる初の貨物航空機「Amazon One」を金曜日にシアトルで開催されるSeaFair Air Showでお披露目する。

Amazon.comの航空貨物サービスを担うAtlas Airが、このボーイング767-300の航空機を運用する計画だ。

Amazonがイベント前にリリースした声明文で、Amazonのワールドワイド・オペレーション部門のシニアVPを務めるDave Clarkeは、拡張的な「航空輸送ネットワーク」の計画の概要を伝えた。AmazonはPrime Airの貨物オペレーションのため、Atlas Airともう1社のパートナーであるATSGから40機を2年間リースすると発表した。

今回の動きは、要求水準の高いカスタマーに対応するため、Amazonの役員が配達を早めるために行う施策の1つである。

航空機が塗装される様子を写したタイムラプス動画がYouTubeで公開されているので、Amazonの熱狂的なファンはシアトルの航空ショーの開催前にその姿を見ることができる。

Amazon.comは、Prime会員や他のカスタマーへの商品の配送時間をできる限り早めるため、地上でもいくつかの施策を実施している。

Amazonは配送トラックの連隊に4000台のトレーラーを追加したり、承認したフリーランスのドライバーが自分の車でAmazon.comの配送を行うためのモバイルアプリ「Flex」をローンチしたりしている。また、Amazonの施設ではロボティクスや他のテクノロジーを駆使して、パッケージや仕分けの効率化を図っている。

[原文へ]

(翻訳:Nozomi Okuma /Website