Googleがオリンピックを祝ってフルーツゲームのドゥードゥルを提供(競技種目は日替わり)

次の記事

Y Combinatorで芽が出なかったネットワーク分析のKentikが売上数千万ドル目前、シリーズBで$23Mを獲得

L7VKFp8k2vcLFARyjbkDguNl6E600sW_PA900ZUhmp7Mhf_8OOLzy-IiNJQJ6oKzq9FxoQ=s2048

いよいよ開催となったオリンピックを祝ってGoogleが、これから7日間毎日、iOSとAndroidのGoogle Appsの中で、対話的な、すなわちゲームの、Google Doodle(グーグルドゥードゥル)を見せる。〔Google Doodleとは何か

リオに行けなかった人は(その方が良かったかもしれないけどね)、画面上の十種競技に参加しながら、おいしいフルーツと遊べる。ただし、でっかいボスキャラの西瓜(すいか)に、押しつぶされないように気をつけて。フルーツゲームにも、危険はあるのだ。

競技は十種競技のほかに、自転車、水球、ハードル、テニス、などなどがある。イチゴがむちゃくちゃ攻撃的な西瓜に潰されてスムージーにならないよう、守ってあげる、という競技もある。本物のオリンピック、平和の祭典には、こんなひどいキャラクターはないね。このドゥードゥルは、これを作ったGoogleの社員がいちばん楽しんだんじゃないかな。

 
 
 
 
 
 

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))