神経と筋肉の接続をシミュレートするチップをMITが開発…ALSの療法などを展望

次の記事

カジノ会社Penn National、Zynga出身者が設立したRocket Gamesを最大1億7000万ドルで買収

神経と筋肉の関係を正しく理解し、ALSなどの疾病の療法に役立てるために、MITのエンジニアたちは、筋肉の細片と運動神経を収めた小さな硬貨サイズのチップを開発した。それは、神経と筋肉の結合部の‘模型’を作ることが目的で、その結合部には、神経細胞と筋肉繊維を接合する化学的なシナプスがある。

チームが開発した筋肉を反応させる方法は、神経細胞の集まりに光を当てることだ。それにより、筋肉の痙攣や収縮が生じる。このチップは、両者の結合とその部分の疾病をもっとよく理解することが目的だ。

このデバイスには、マウスの細胞が使われた。そこから運動神経と筋肉部位を分離し、チップの部品を構成した。筋肉繊維には支柱を挿入して視覚化を助け、また筋肉の収縮時に働く力を検出する方法を作った。

そしてそれらをゲルで満たしたデバイスに収め、インヴィトロの環境をシミュレートした。それは、従来のペトリ皿などに比べてずっと現実の状態に近く、人間の体の中における神経と筋肉の自然な分離を再現できた。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))