Niantic、ポケモンGOにバグと発表―ポケモンが捕まりにくくなったのを修正中

次の記事

Facebookの新アルゴリズムはクリックベイトを判定―トラフィック稼ぎの釣り記事は排除へ

2日ほど前、ポケモンGOのプレイヤーはありがたくない変化に気づいた

突然ポケモンが捕まりにくくなった。以前より素早く逃げてしまう。そこら中飛び回る。最悪なのはせっかくポケモンをポケボールの中に閉じ込めても以前より頻繁に脱走してどこかに消えてしまうことだ。初心者プレイヤーが練習のために捕獲するようないちばん弱いキャラでさえ手に負えないくらい強くなってしまった。

Nianticもこの問題に気づいたようだ。同社はこうツイートを投稿している。

トレーナーの皆さんへ。 ボールの正確性を向上させるアップデートにバグがあり、脱走の確率が上がりXPボーナスが無視されるようになってしまいました。修正作業中につき続報をお待ちください。

残念ながら、バグフィックスがいつ公開されるのか不明だ。しかし現状は本来のゲームの形ではなくバグのせいだと知るだけでも多少の慰めにはなる。

ポケモンGOのアップデートの後、私はGIFをアップデートした…

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+