natural language processing
Sarcasm

その言葉は本気かそれとも皮肉か?、ニューラルネットワークがそれを見つける

次の記事

Netflix、初のオリジナルVRコンテンツは番組Stranger Thingsが舞台のホラー作品

テキストによるコミュニケーションには、皮肉やジョークを本気と読み誤る危険性がある。誰にも、その被害者や加害者になった経験があるだろう。そのことに相当懲りたポルトガルの研究者たちは、ニューラルネットワークを利用して、話者の意図が皮肉や嫌味であることを、判断しようとしている。

それは、日常の会話における誤解を防止することだけが目的ではない。コンピューターがメッセージのトーンと意味を正しく判断することは、いろんなことで重要だ。

たとえば、今のコンピューターには正しい感情分析ができない。誰かが何かを好きとか嫌いとか言ったとき、それが冗談か本気かを、事前に人間が知っていなければならない。英語の日常会話で頻用される感嘆詞”great!”も、それが本気か、それとも幻滅を意味する皮肉かを、未来のコンピューターの自然言語処理は正しく見分けなければならない。

でもそれは、容易な問題ではない。まったく同じ文や句読点が、話者が違えばまったく違う意味を表すこともある。たとえば、“Make America great again”(アメリカを再び偉大にしよう)を、Trumpの支持者と彼に反対する者がツイートしたら、それぞれどんな意味になるか。同じ語が、まったく違う意味を持ってしまうのだ。

研究者の一人、リスボン大学のSilvio Amirがこう書いている: “話者の意図が皮肉であることを見分けるには、語彙の意味だけでは不十分である。言葉というものを持つ人間の場合ですら、発話のコンテキスト(文脈)を正しく認識することが不可欠だ”。

彼らの論文が記述しているコンテキストの把握方法は、ニューラルネットワークを使って話者の“埋め込み(embeddings)”*を見つける。それは、コンテキストの鍵となる別の発話内容で、たとえば前のツイートの内容、関連する関心事や別の発話などだ。これらのさまざまな要素を使って話者と他者の関係や立ち位置を判定し、また(できれば)彼らが形成している集団の性質〔例: ジョークを言い合える関係〕を見つける。〔*: embeddings, 埋め込み, 言語学の概念で、発話Aの中に別の発話Bが埋め込まれていること。〕

たとえば、下の小さな雲状グラフは、Twitterの上の、政治家たちとフォロワーの関係を表している。

chart_twittersarc

同じひとつの雲に属するある人のツイートの感情が、多数のフォロワーたちのそれと一致しないときには、それが皮肉である可能性が高い。

この方法にさらに、皮肉を暗示しているテキストの要素を組み合わせると、これまでの方法に比べてやや高い確度で皮肉を見分けられるようになった。‘やや’というのは、従来の方法で85%だった確度が、約87%まで上がった、という意味だ。しかしニューラルネットワークはいったん動き出せば人間による構成や監視の労力があまり要らないので、さまざまなソーシャルネットワークの上でデプロイできるよう拡張するのも、比較的容易だろう。

普遍的な皮肉検出システムは、まだまだ遠い先の話だが、でも不可能ではない。来月行われる、コンピューターによる自然言語学習のカンファレンスCoNLLで、Amirらのペーパーがプレゼンされる。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))