日本
CasterBiz
在宅派遣
Caster
キャスター

オンライン秘書・在宅派遣を手がけるキャスターが大和企業投資から1億円の資金調達

次の記事

Google、エンタープライズ向けソフトのクラウドプラットフォーム、Orbiteraを1億ドル以上で買収

オンラインビジネスアシスタントサービス「CasterBiz(キャスタービズ)」などを展開するキャスターは8月8日、大和企業投資を引受先とした総額1億円の第三者割当増資を実施したことをあきらかにした。

キャスターは2014年9月の設立。同年12月よりオンラインで経理や人事、秘書代行を行うオンラインビジネスアシスタントサービスのCasterBizを展開。またこれに加えて、2016年に入ってからは全国のリモートワーカーをオンラインで派遣する「在宅派遣」を展開してきた(同社ではこれに向けて、日本発となるオンライン人材派遣業の資格を取得している)。在宅派遣については、エンジニアやデザイナー、ディレクターなどの登録が増えたことから、ウェブ制作や開発関係の業務委託に特化した「RemoteStyle」もスタートしている。

両事業の導入実績は、CasterBizを中心に合計100社(7月時点)を超えた。CasterBizに関しては「メニューを絞ってもいいので低価格、ロットの小さい案件のニーズが多数寄せられている」(キャスター代表取締役の中川祥太氏)とのことで、CasterBizの一部の作業に関してはボット化して提供することも検討中だという。

キャスターでは今回調達した資金をもとに、エンジニアおよびマーケティング担当者の拡充を進めるとしている。