非常に素早く色の濃淡が変わる調光ガラスをMITの科学者たちが発明、しかもスペクトルが広く低電力消費

次の記事

常時onでジェスチャーを検知する低電力消費のカメラをジョージア工科大学が開発…ピクセルの値ではなく加除だけを感知

それらは、単なるビルディング用調光レンズの大きな集合ではない。まず第一に、MITの科学者チームが開拓したこの新しいガラス技術は、最新流行のサングラスなどよりもずっと速く明暗を変化させる。また光変色性の物質に比べて、不透明時のスペクトルがずっと広い。

Boeing 787 Dreamlinerで眩(まぶ)しさ防止のために使われている電気変色性の素材とも違う。やはり、こっちの方が速い。古い技術では、電子回路と、色の変化を作り出すためにイオンが必要なせいで、どうしても遅くなる。それに対して、この新しい技術では、海綿状の金属-有機物フレームワークを使用して、通電を速くしている。

新素材のスペクトルは、透明からほとんど黒までと広い。そのために、さまざまな化学物質の組み合わせを利用している。

化学研究のオンライン専門誌Chemの最新号に、この素材が紹介されている。用途は、Boeingの場合のような眩しさの減少、eインク的なディスプレイ、エアコン使用時には不透明にして太陽光を遮断し、エネルギー費用を下げる、などが考えられる。また電気変色性のソリューションと違ってこの素材では、不透明を維持するために電力を必要としない。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))