Apple-1
charity buzz

今、レアもののApple-1がオークションに出ている、100万ドルまで行くか?

次の記事

コンピューターの原理を教えるために単体のトランジスタを使って一部屋を占領する巨大なCPUを作った

そう、TekServeのMac博物館へ行けば、29000ドルで買えただろう。でも、Apple-1を持ってなくちゃ、自分をAppleファンと呼ぶのはおこがましい。その一番初期のApple製品は、どこかで見ることすらまれだが、早い者勝ちの勝負に強くてお金がたくさんある人なら、今なら手に入るかもしれない。

チャリティの寄付金集めサイトCharitybuzzが、超レアな昔のコンピューターのオークションをやっている。今〔日本時間8月20日午前3時〕の入札価額は27万ドルに達している。かつての100万ドルという狂気のような額に比べると屁だが、でも今回のオークションはまだ終了まで1週間あるし、旧型機が100万ドル近くまで行くことは、過去に何度もあった。

lot_page

MyAppleComputerのCorey Cohenは、Apple-1について大量の一家言を持っている。たとえば、一般に発売されることのなかったプロトタイプ機がごく少数あり、それらは“お祝いバージョン(Celebration version)”と呼ばれているのだ。

そのサイトは曰く、“現時点ではこれは、知られているかぎり唯一の、未完成のいちばん初期に試し生産されたボードの兆候のあるApple-1だ。完全完成品の本番生産は二度行われているが、そのどちらにも属していない。だからこれは、そのほかのすべての、知られているApple-1のボードと同一視することのできない、きわめてユニークなボードのようである”。

ついでに申しておくと、お金のたっぷりある人は1976年のApple-1インストラクションマニュアルと、大量のカセットを買えるかもしれない。Star TrekBlackjackなどで、昔々のゲームを楽しむのも、よろしいだろう。

出典: Recode

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))