chrome apps
Chrome

GoogleはWindows, Mac, Linux用のChromeアプリを徐々に廃止へ、Webへの移行ツールを提供

次の記事

ビッグデータはビッグトラブルか?、…その正しい方向性を見定めるべき時

まず、ChromeアプリをWindowsやMacやLinuxで使ってる人、お気の毒に。そして、それは自分だけじゃない、と思って自分を慰めよう。Googleが今日のブログ記事で言ってるように、これらのアプリは、ユーザー数がかなり少ないのだ。

WindowsとMacとLinuxのユーザーの1%ぐらいしかChromeのパッケージアプリを使っていないし、Chromeがホストしているアプリも、その多くはすでにふつうのWebアプリケーションとして実装されている。

だから同社がそれらを徐々に廃止することになったのも、当然だ。それは、Chromeブラウザーをシンプルにしようとする取り組みの一環でもある。スタンドアロンのChromeアプリ/アプリケーションは、BuzzやNexus Qの道をたどり、2年ぐらいかけて徐々に廃止していく。まず年内には、新しいアプリの提出をChrome OSのユーザーだけに限定する。

2017年の後半には、WindowsとMacとLinuxのアプリはChrome Web Storeから姿を消し、翌年の前半には、これらのOSのユーザーがそれらのアプリをロードすることもできなくなる。

厳しい処置の軟着陸のためにGoogleは、アプリをWebへ移行させるためのデベロッパーツールを提供している。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))