IFA
作業効率

通勤中も仕事ができる「車内オフィス」プロジェクト、メルセデスとMicrosoftが共同開発

次の記事

UI解析でWebサイト改善、USERDIVEがDraper Nexusらから4億円調達

現在ベルリンで開催中のIFAショーで、メルセデス・ベンツが「車内オフィス(In Car Office)」と呼ばれる新プロジェクトを発表した。これはスマートな仕事効率向上のための機能を車の運転に融合させようという試みで、来年前半にも正式に提供を開始する予定だ。Microsoft Exchangeと連携し、仕事のカレンダーやTo-Doリスト、連絡先にもとづいて、自動車が行き先や電話すべき相手などを提案してくれるという。

この車内オフィス機能は、もちろん自動車をモバイルワークステーションに変えるために制作されたものではない。どちらかといえば、外出中にどのみち片付ける必要のある仕事関連のタスクを、もっと簡単に済ませることができるよう設計されている。

メルセデスの車内オフィス機能では、Exchangeカレンダーの予定にもとづいてカーナビゲーションに行き先を事前設定したり、入れておいたミーティングの予定に応じて車内通話システムから電話をかけるよう通知してくれたりする。商用での移動や通勤中に、すでにこうしたタスクを(危険を承知で)車中でこなしているような人々にとっては、運転中に気が散る原因や手動入力の必要を減らしてくれるものになりそうだ。

原文へ

(翻訳:Ayako Teranishi / website