ぼくのスマートフォンがGoogle Araだったらこんな一日になる

次の記事

キーワードは“決済”——フリマアプリ「フリル」が楽天傘下での成長を選んだワケ

今日は一日中、そこらにコンセントがなかった。ポケットに手を突っ込んで、予備のバッテリーモジュールを取り出す。ズームカメラモジュールは簡単に外れるので、電池モジュールをつけやすい。これで今夜は十分もつだろう。カメラモジュールをポケットにしまう。今日は使わないだろう。今日これから行くパーティーは、あの大成功したスタートアップColorの6周年記念だが、固定焦点のカメラモジュールで十分だ。そいつはぼくのスマートフォンの背面の、別のスロットを占拠している。

パーティーは退屈だ。業界のイベントで必ず見かける、騒々しい連中ばかりだ。運良く、旧友に出会ったので、一緒に外に出てNew Radicalsの新しいビデオを見る(Gregg Alexanderが戻ってきたのは正解だと思うな)。そのビデオは、今日App.netに出たばかりだ。世界でいちばん、何でも早くて元気活発なソーシャルネットワークだな。人が集まってきた。彼らのHP Pre 8やGoogle Araにも、App.netからの通知がいっぱい来ているから、〔非会員でも〕そのビデオを見たいのさ。

おっと、スマートフォン用ホルスターの別のポケットにプロジェクターモジュールがあるのを、思い出した。今必要ない、振動式通知モジュールを外して、そいつを挿入する。そしてヘッドフォンジャックモジュールを外して、スピーカーモジュールを取り付ける。

パーティー会場のクラブの外壁に、ビデオが見事に映しだされる。Google Glassのヘッドセットをしたやつが、それをMeerkatで“放送”し始める。このビデオはまだ知らない人が多いから、そいつをたぶんRedboxの誰かが録画して明朝のトークショーで放送するかもしれない。

さて、そろそろ帰ろう。ぼくの、実用的でお値段お手頃なFiskerの電気自動車のコンパクトセダンが、近くに駐車している。しかし道がよく分からないから、プロジェクターモジュールを外してナビモジュールを取り付ける。このモジュールは車載システムと通信できるから、必要なデータは車のダッシュボードの情報システムに専用周波数のワイヤレスで送られる。

無事に帰宅。NuvoBookのeブックを見ながら、くつろぐ。スピーカーモジュールを外し、誘導充電モジュールをつける。カメラモジュールを外して、15万種類の香りから選べるデジタル芳香モジュールを挿入。完全なリラックスだ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))