App Storeのアプリダウンロード数は累計1400億、今年は前年比で二倍増、なぜ?

次の記事

AirPodsはこうして片方だけがなくなる

AppleのCEO Tim Cookが今朝(米国時間9/7)、iPhoneのプレスイベントの冒頭で、App Storeに関する短い最新ニュースを述べた。それによると、Appleのこの、アプリケーションのマーケットプレースでは、これまでにアプリのダウンロードが1400億回行われた。また、過去2か月における前年比成長率が106%だった、と述べた。成長率100%というと倍増というすごい意味だが、その原因については何も語られなかった。

でも察するに、その原因はたぶんPokémon Goだろう。アプリの異端児、これまでのモバイルゲームの中で最高の人気を獲得したアプリだ。このゲームの先月のインストール数は1億を超え、一日の売上が1000万ドルに達した。今日のAppleの発表によると、合計ダウンロード数は5億を超え、このゲームはApple Watchにもやってくる。

apple-liveblog0048

Cookは付け加える、“App Storeの売上は直近のコンペティターの倍であり、その成長はグラフの作図に収まりきれないぐらい、途方もなく大きい”。

彼によると、Appleのストアはゲームのプラットホームとしても世界最大である。今App Storeには、50万のゲームがあるそうだ。

もちろん彼のこの話は、一種の予告編だ。AppleのApp Storeについに、これまでで世界最高人気の、ゲームの主人公がやってくる。それは新作ゲーム“Super Mario Run”に乗ってやってくる、任天堂のマリオだ。

iphone2016-banner

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))