social network
path
camarilla

親しい友だちとのみ写真を共有する、小さなSNSを目指すCamarilla

次の記事

イーロン・マスクのSolarCity、全米500万世帯の屋根をソーラー化へ

Pathをご記憶だろうか。

アーリーアダプターたちをターゲットにして展開したサービスだったが、その方針が間違っていたのかもしれない。「親しい友だちオンリー」のソーシャル・ネットワークには、確かに存在価値があるように思うのだ。

そう考えて、新たにPath風サービスに乗り出したのがCamarillaだ。

Camarillaは、投稿した写真を1度に15人までとしか共有できないサービスだ。さらに、投稿が公開されて友だちがそこにアクセスするのではなく、ダイレクトメッセージのように受信者たちに送られるような仕組みとなっている。これにより、投稿した写真についての感想なども、コメントとして公に投稿するのではなく、プライベートに行うようになっているのだ。

Pathのように50人(最終的には150人になった)を友だちとして迎え入れるのではなく、Camarillaはネットワークを可能な限り小さなものにしておこうと考えているようだ。想定利用者は若い子持ち世代だ。この世代は大規模なソーシャル・ネットワークよりも、プライバシーを重視する傾向があるとの分析に基づいている。

  1. 1-my-timeline-iphone.png

  2. 4-timeline-chat-iphone.png

  3. 2-my-camarilla-iphone.png

  4. 3-profile-friend-iphone.png

アプリケーション自体も小さなネットワークを意識して、招待制で利用できるようになっている。ユーザー毎に15名までの友だちを招待することができる。ベータ版は130ヵ国以上で利用されているのだとのこと。ただし、アクティブユーザーの数などについての詳細は明かしてもらえなかった。

最近になってCamarillaは、Amerborghより337万ドルの資金を調達している。投資家たちは、マネタイズを考えるまえに、まずはネットワークの拡大をはかりたい考えてあるそうだ。

Camarillaのアプリケーションは、iOS版およびAndroid版がある。

原文へ

(翻訳:Maeda, H