AppleのiPhone 7/7 Plusの実機にいち早く触れてみた

次の記事

iOS 10とwatchOS 3の配信日が9月13日に決定、mac OS Sierraは9月20日リリース

いよいよわれわれはポスト・ヘッドフォンジャック時代に突入したわけだ。私はヘッドフォンジャックのないスマートフォンに触れたらひどく衝撃を受けるのではないかと半ば予期していた。オズの魔法使い でドロシーがオズの国に来ると突然映画がカラーになる、あの感覚だ。実際、iPhone 7からヘッドフォンジャックが消えた。他のスマートフォン・メーカーも追随するかどうかはまだ不明だ。ともあれAppleが古いテクノロジーを葬るのに大胆であったことはこれまで歴史が証明している。

実のところ、新しいiPhoneのデザインで大きな違いはこの点だった。ヘッドフォンジャックがなくなったことを除けば、一見して気づくような外観上の違いはジェットブラックという新しいカラーバリエーションくらいだろう。ピアノ的な輝きは、手に取ってみるとステージ上で紹介されたときより派手に感じる。

iPhone 7

しかしジェットブラックは周囲をすべて映し込むほどの輝きでありながら、クラシックな印象を与える。すばらしいデザインだが、指紋を磁石のように引き付けるのは想像のとおりだった。ずっと平凡なネーミングだが、個人的には単なるブラックの方を選ぶだろう。こちらはマット仕上げで周囲が映り込むことはまったくない。これまでで私が一番気にいっているカラーバリエーションだ。

最初にこのiPhoneを手にとったとき、多くのユーザーはホームボタンを探して指があちこちさまようかもしれない。悪いデザインではないが、確かに違いを感じる。多少の慣れが必要だろう。ホームボタンはTaptic Engineのおかげで振動フィードバックになった。残念ながら物理的なボタンを押したときのような確実な感触には欠ける。トラックパッドと違って振動フィードバックは物理的実在のシミュレーションとしてはあまり成功していない。

img_8960

フィードバック振動の強さは設定メニューから3段階に切り替えられる。 #3が物理的ボタンの感触にいちばん近い。しかしやはりだいぶ違う。しかしわれわれは以前はタッチスクリーンからテキストが入力できるなどとは思わなかったわけだ。キーボードがスクリーン化したのに比べれば、ホームボタンのタッチ化は小さな変更だ。タッチ化によってホームボタンの故障の可能性は少なくなったはずだ(ホームボタンの故障はハードのトラブルの中でも比較的多い)。またホームボタンの廃止で新しいiPhoneはようやくIP67認定をクリアした。つまり防塵防滴仕様だ。これで突然の大雨に襲われても安心だ。ホームボタンのタッチ化はメリットの方が多かったと思う。

ホームボタンのタッチ化はバッテリー駆動時間の延長と並んで新しいiPhoneの目玉なのだろう。ただし他の部分がきわめて魅力的に仕上げられているのと比べると、Appleはこれらのテクノロジーでは世界のリーダーとはいえないようだ。Appleといえば、オーディオも優秀だ。スマートフォン・メーカーはディスプレイ競争の真っ最中であるため往々にしてオーディオが軽視されるのは残念な傾向だ。

iPhone 7

この点、AppleがiPhoneに新たにステレオ・スピーカーを装備したことは大いに評価できる。もっとも会場では多数のブロガーが大声でFacebook Liveでビデオ放送に熱中している状態だったので、音質を正しく評価するのは難しかった。 オーディオと逆に、ディスプレイについてはマイナー・アップグレードにとどまった。

A10 Fusionという新世代の自家製コアクアッドCPUのおかげでパフォーマンスも改善されたという。もっともこれは一般ユーザーがすぐに気づくような大きな違いではなさそうだ。Appleはプレスイベントの後で印象に残るモバイル・ゲームのデモを行った。

iPhone 7

12メガピクセルの撮像素子は従来どおりだが、カメラの感度は向上している。光学手ぶれ補正の採用で画質は大きく向上するはずだ。7 Plusのカメラは大きく変わった。デュアルカメラのおかげで広角、望遠の撮影が可能になった。デュアルカメラは昨夜発表されたLG V20も同様だが、LGのプレスカンファレンスの開催はいかにもタイミングが悪かった。Plusのポートレート機能は驚くほど優れた写真が撮れる。サイズが大きいというデメリットがあってもカメラの性能がPlusを選ぶ理由になるかもしれない。

iPhone 7は現行モデルから離れ業的跳躍をしたわけではない。しかし防塵防滴仕様、バッテリーの大型化、音質向上などの歓迎すべき改良で、さらによく練られた製品となった。ただしヘッドフォンジャックの廃止、ホームボタンのタッチ化という点ではこれまでのアップグレードよりもユーザー側に慣れを要求するだろう。

iPhone 7

全体として新iPhoneは進歩を遂げている。予約受け付けは金曜から、出荷は9月16日から。〔日本では予約注文は9月9日午後4時1分から受け付ける。

iphone2016-banner

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+