autism
Disrupt Hackathon

6歳のSriyaがデモしたペッパーはハイタッチで自閉症を改善

次の記事

Disrupt SF 2016ハッカソンの最優秀賞は、PointShop.space

アメリカの児童は64人に1人の割合で自閉症スペクトラムに起因する問題を抱えているという。明らかにこれには対処のための研究が必要だ。TechCrunchが開催しているSF Disruptのハッカソンでは6歳のShriya Sreejuがこの点を訴えた。Sreejuが紹介したのはペッパー・ロボットをプラットフォームに利用した自閉症ソリューションだ。

「ペッパーはスクリーンにカードを表示します。子供が正しいカードを選んでカメラにかざすと、ロボットとハイタッチできます。ペッパーは『グッドジョブ!』と言います。ハイタッチに2回成功するとペッパーははうれしがってダンスを踊ってくれます。スクリーンにはニコちゃんマークが表示されて感情の表現を助けます」とShriyaは説明しいた。

ロボットが支援する

Sriyaが紹介したとおり、このロボットは自閉症の子供たちが感情、情緒を把握するのを助けることを目的としている。

「パパがコンピューターがやる部分を作りました」ということだ。Shriyaはこのロボットがどのように動くべきかをデザインした。「もし間違ったカードを選ぶと、ペッパーはそのカードの名前を言います。自閉症の子供たちはこれによってカードを選ぶという作業への集中を切らさずにすみます」。

なるほどSriyaはソフトウェアそのものをコーディングしたわけではないが、実際に話し合ってみたところ、彼女がこの問題に本当に熱心に取り組んでいることがわかった。その熱心さはステージでの説明を見ればはっきり感じ取れる。プレゼンには確信があり、明快でわかりやすかった。お許しいただきたいが、一部のハッカソン参加者のプレゼンよりわかりやすかったと思う。

プレゼンを終えてステージから降りてきたSriyaに「緊張しなかった?」と尋ねてみた。

「いいえ?」というのが答えだった。質問自体ナンセンスだったらしい。たいしたものだ。

  1. disrupt_sf16-2403.jpg

  2. disrupt_sf16-2407.jpg

  3. disrupt_sf16-2410-e1473628439923.jpg

  4. disrupt_sf16-2416.jpg

  5. p9110842.jpg

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  6. autism-solutions.jpg

  7. img_2287.jpg

Sriyaのパパでメディカル・スタートアップのエンジニアであるSreejumon Purayilによれば「SriyaはDash and Dotでずっと遊んでいた。2人いろいろなテクノロジーを試したのです」ということだ。

Sriyaは将来の進路をテクノロジーに決めたわけではない。「私はいろいろなことが好きです。アート、工作、テクノロジー、それに体操も好き」ということだ。

下のビデオでハッカソンでのプレゼンを見ることができる。


disrupt

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+