プライム会員
オーディオブック

Amazon Prime会員に新たな特権、Audibleのオリジナルチャンネルとオーディオブックが無料で聴ける

次の記事

Nvidiaの自動運転車用AIコンピューターPX 2がさらに小型化省エネ化

今朝、AmazonはAmazon Prime会員に登録している人に対して新たな特権の提供を開始した。Audibleの短い形式のデジタルプログラム「Audible Channels」への無料アクセスと、選抜したオーディオブックの提供だ。Amazonは、代わる代わるAudibleのカタログから選んだ50のオーデイオブックへのアクセスを無料提供するという。

これはKindle Lending Libraryと同じ仕組みを取る。Kindle Lending Libraryの会員はどの本でも無料で閲覧できるわけではなく、貸し出している本のセレクションの中から選ぶことができる。

オーディオブックのセレクションには、ベストセラー、家族向けの人気作品、セレブがナレーションを務める定番作品などがあるとAmazonは伝える。

Audbile Channelsは、Amazonが所有するAudibleが7月にローンチした新サービスだ。ポッドキャストやオーディオ番組に関心を持つコンシューマーが増えたことを受け、そういった人に訴求することを目指している。

しかし、Channelsは厳密に言えばポッドキャストサービスではなく、オリジナルのコンテンツプロデューサーが制作する、短く、広告のないコンテンツやWall Street Journal、The New York Times、Harvard Business Review、Foreign Affairs、Charlie Rose、McSweeney’s、The Onionといった出版社が出す音声録音といったコンテンツを扱っている。

amazon-audible-channels

このサービスのオリジナル番組もコメディー、調査報道、トークショー、教育番組といった多様な内容がある。

Amazonはさらに、Channelsに今後配信予定のオリジナル番組についてもその詳細を明かした。

Jon Ronsonがホストを務める「The Butterfly Effect」は「無料でサービスが受けられることを期待すると何が起きるか」という疑問について考察する番組。「Ponz Supernova」では、Bernard Madoffを特集し、服役するMadoff本人との独占インタビューを放送する。「Damned Spot」は、悲劇的な事件が起きた場所現場のその後を訪ねる番組。「West Cork」はアイルランドの南海岸を舞台とする未解決の殺人事件に焦点を当てた犯罪シリーズ(ポッドキャストで人気の「Serial」をAmazonは再現したいようだ)。「Extra Credit」は著述家、音楽家、コメディアンのNeal Pollackが13歳の息子の成長を描く内容だ。

これらのショーは、「数ヶ月内に」プラットフォームに配信するとAmazonは伝えている。

screen-shot-2016-09-13-at-7-12-41-am

Audible Channelsは、20のAudibleプレイリストにコンテンツを収めている。プレイリストは例えば「今日の特集ストーリー」、瞑想、通勤時間内で聴けるコメディーや科学、歴史、テクノロジーに関するコンテンツを編集してまとめたものなどがある。

Audibleはローンチ時にこれらの新たなオーディオショーを「ポッドキャスト」と意図的に呼ばないことにしたという。 AudibleのオリジナルコンテンツのSVPを務めるEric Nuzumは、Audibleはオーディエンスを限定するようなこと、そしてオーディエンスに自分には縁がないと思われないように作ろうとしていると話す。多くの人は「ポッドキャスト」という単語を知っているが、自分をポッドキャストを聞くタイプの人間だと思っている人は少ない。Audibleはより短い形式のオーディオを集めているが、これらの番組は本質的にはポッドキャストだと言える。ポッドキャストは、ユーザーにより多くの聞く時間を求めるものだ。

ローンチ開始時には、既存のAudible会員には無料でChannelsを視聴できる。そうでないなら、月額4.95ドル(あるいは年間59.40ドル)のサブスクリプションサービスに登録することが可能だ。

AmazonのPrime会員は、今日からChannelsの料金を支払わなくても利用できる。番組を視聴するにはiOS、Android、Windows 10のAudibleアプリから視聴できる。

Amazonが2008年に3億ドルで買収したAudibleをPrimeの会員数の増強という形で事業に本格的に活用したのは今回が初めてだ。Audibleへの無料トライアルといった割引施策は行ってきたが、Audibleのコンテンツをこのように無料で提供することは初となる。

無料オーディオの提供は面白いタイミングでの開始となった。昨今、Amazonは音声入力プラットフォームAlexaに本腰を入れている。Audible Channelsと無料のオーディオブックは、Alexaが起動するAmazon Echoスピーカーといった端末で配信することが理にかなうコンテンツだ。カスタマーがEchoスピーカーの購入やPrime会員に登録する後押しとなるかもしれない。

Amazon Primeには現在、およそ6300万人の会員数であると予測されている。そして会員には様々な特権が用意されている。例えば、2日以内の無料配送、無制限の写真ストレージ、無料のストリーミングテレビと映画、 Lending LibraryでのKindle本の無料配信、Prime Musicの無料音楽配信、会員だけの割引価格での提供などだ。

[原文へ]

(翻訳:Nozomi Okuma /Website