Apple、watchOS 3も公開。ここが新しくなった

次の記事

成功しているデータ駆動型企業はここが違う…データの運用化能力を高めるには

今日(米国時間9/13)はAppleの一大アップデートデーだ。iOS 10tvOS 10、およびwatchOS 3を公開した。WWDCで発表されてから3ヵ月、ようやくやってきた ― そしてこれはすごく大きなアップデートだ。

ここではwatchOS 3の全機能については触れない。3つのトピックに焦点を絞ることにする ― スピード、アプリの切り替え、文字盤の切り替えだ。

watchOS 3では、お気に入りのアプリがメモリに常駐するので起動がずっと早くなる。どのくらい早いかって? ほぼ瞬時だ。初代Apple Watchでもそうだ。試してみれば違いを感じられることを保証する。

この誰もが待ち焦がれていた改訂に加え、Appleはサイドボタンの振舞いを変えた。友達画面を開く代わりに、ドックビューが表示されてよく使うアプリを切り替えられる。iOSのアプリスイッチャーに似ているが、ずっと高速だ。

この2つの変更によって、私は再びApple Watchアプリのユーザーになった。Apple Watchを着けるのをやめたことは一度もないか、主な用途は時刻を見るのと通知を受け取ることだけだった。

グランスはあまり役に立つとは思えず、ホーム画面も使いにくかった ― 30秒かけてアプリを探して起動したい人はいない。しかしドックができたおかげで、お気に入りのアプリを置いてしょっちゅう使うようになった。簡単に開くことがてきて起動も早く、すばやい操作が可能になった。

もう一つ、watchOS 2では文字盤の切り替えが少々面倒だった。画面を強く押し、スクロールしてから文字盤を選ばなくてはならなかった。これが左右にスワイプするだけで切り替えられるようになった。

私は毎日同じ文字盤を使うのではなく、着ている服に合わせて変えることでApple Watchを万能ファッションアクセサリーとして使っている。バンドを変える人もこの機能を喜ぶに違いない。

watchOS 3をインストールするには、Apple Watchを充電器につなぎ、iPhoneのApple Watchアプリで[一般]-[ソフトウェアアップデート]を選ぶ。しばらくかかるので、自宅にいて時間に余裕のあるときにすることをお薦めする。
【訳注:訳者の環境では9/14 9:40現在アップデートは配信されていない】

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook